映画『アンダーカヴァー』ホアキン主演/あらすじ・ネタバレ・感想

今回の1本は『映画/ジョーカー』で話題が集まるホアキン・フェニックス主演、『映画/アンダーカヴァー』です。あらすじ&ネタバレを含みますので未鑑賞の方はご注意下さい。

アンダーカヴァー
(原題:We Own the Night)


2007年 アメリカ

主なキャスト:

ホアキン・フェニックス
マーク・ウォールバーグ
エヴァ・メンデス
ロバート・デュヴァル

監督:ジェームズ・グレイ
脚本:ジェームズ・グレイ

ネタバレ無しのたわごと

1988年ニューヨーク、ブルックリン。

警察官の父と兄を持ちながらも家族とは別の道を歩み、ロシアンマフィアが取り仕切るナイトクラブのマネージャーとして生きるボビー(ホアキン・フェニックス)。

麻薬密輸を巡って警察とマフィアの対立が激化する中、兄ジョセフ(マーク・ウォールバーグ)らはボビーに潜入捜査の協力を依頼する。

当初は拒否していたボビーだが、ジョセフがマフィアの凶弾に倒れた事をきっかけに協力を決意し…

・・・といった内容の作品。

注)非常に低画質・低音質の予告編動画になります

キャストで戯言

兄弟にスポットが当たった話という事はダブル主演か?…と思わせておきながら、物語のメインは弟ホアキン・フェニックス。兄のマーク・ウォールバーグはその脇でちょいちょい顔を出す感じです。

『映画/ジョーカー』の主演で近年急激に注目が集まっているホアキンですが、昔から存在感のある演技で独特の空気を出す俳優でした。リヴァー・フェニックスの弟だったり、姉二人も女優だったり、妹はベン・アフレックの弟であるケイシー・アフレックの嫁さんだったり、自分はルーニー・マーラと交際していたり…

しかし幼少期は次々に子役デビューを果たす兄弟とは距離を置き、独自の道を模索して放浪の旅に出るなど…ちょっぴり本作とカブる人生だったり。

しかし私は彼がちょっと苦手といいますか…。いやホント、演技は凄まじいと思いますので、「役者」として見れば好きなんです。しかしどうも顔の大きさが苦手で…。

そんなホアキンの恋人役を務めるのはエヴァ・メンデス

彼女は美人でエロい雰囲気を出しながらも、極端にケバすぎたりキツすぎたりするは事なく、ほんのり純朴な感じが良いですな。

潜入捜査…は一瞬だけ(笑)

映画を鑑賞する際、事前にどれだけの情報を知っているか…というのは重要なポイントです。いろいろ知っておいたほうが良い、という意味ではなく、「何を知ってしまっているか」で映画序盤の印象や感想まで変わったりします。

その「事前に知ってしまう情報」の内容によっては、変な先入観を持ってしまって映画が台無しになったりするので、DVDパッケージや予告編、動画配信サービスのあらすじなどは非常に重要なのですが…

私がこの『映画/アンダーカヴァー』の初見時に入ってきていた情報が

マフィアとして生きる弟が、警官の兄に協力して潜入捜査をする話。

…てな感じだったんです。ドコで得た情報だったかは忘れましたけど。

それを鵜呑みにして「ほうほう、そういう話か…」と思って鑑賞を始めてしまったために、もう序盤から困惑ですよ。弟、全然マフィアじゃないじゃん!(笑)

たしかにお堅い警察官の父や兄からすればヤクザな商売ではありますが、ちょっとアウトローな方向で雇われ店長として働いている一般人でした(ダメな薬はやるけど)

そして『潜入捜査』なんて言われちゃったら、てっきり『映画/インファナル・アフェア』『映画/フェイク』のような話を想像しちゃうじゃないですか。

しかしボビーが潜入するのは1回だけ!しかもわりと早々に失敗!(笑)

いやー、中途半端に情報を仕入れて鑑賞するのは危険だと痛感した作品です。

重厚かつ骨太な展開

そんなこんなで初見時はちょっと滑ってしまいましたが、そういう余計な要素を抜いて観れば作品としてはなかなか素晴らしい。

目を奪われるような魅力的なカメラワークに、緊迫感を増す秀逸な演出。ジェームズ・グレイ監督が生み出すローキーかつ重厚な雰囲気は物語に引き込まれてしまいます。

そこにホアキン・フェニックスの演技力を追加ですから、面白くないはずがない。

…はずがない。…はずが…うーむ。何か物足りない。。。

なんでしょう、設定も嫌いじゃないですし、展開も面白いのに…。エヴァ・メンデスの露出が足りないから?いやいや、ほんの少しですが冒頭でしっかりとエロいシーンを見せてくれたし…。

とにかく本作は『警察vsマフィア』というテーマを扱っていながらも、アクションやクライムサスペンスではなくヒューマンなんですよね。ド派手なカーチェイスもありますし、魅せるアクションシーンも盛り込まれているものの…注目すべきは人間ドラマ。

父親の葬儀の最中にふと顔を上げたボビーの目に映る、無関係な近所の少年たちのカットなど、監督が「何を伝えたいのか」を感じさせる演出は随所に散りばめられています。

最終的にボビーは父の仇を討つ事ができ、無事警察学校も卒業。これからは市警として正義の道を歩んでいく事になるのですが…

そこに愛するアマダの姿はなく、父親のように慕っていた存在も親友も失ってしまい…

父がいなくなったぶん共に正義を遂行していくはずの兄は、トラウマを抱え一線を退き…

光の当たる世界に出ていくはずのボビーなのに、そこに感じるのは孤独と喪失感。

決してベタなハッピーエンドで終わらせず、こういった「過剰に脚色されていない、リアルな人間模様」を淡々と味わう作品なのでしょう。私が余計なものを要求しているからこそ「物足りない」と感じるのであって、作品として足りない部分があるのではない…という事なのかもしれません。

もちろんマフィアな世界に飛び交うエロエロおっぱいを期待してもいけません。

ホアキン・フェニックス

いやいや、なんでしょう。今回は全然戯言を垂れ流してないじゃないですか。

だって重いんですもの。序盤に見たエヴァ・メンデスのおっぱいを忘れてしまうくらい、話が重っ苦しいんですもの。

せっかくポローンと披露してくれたのに…。ボビーもパンツの中に手を突っ込んでわっしょいわっしょいしてくれたのに…。

しかしながら、そんなイケイケボビーから、葛藤、決意、哀愁、その変化を演じきったホアキン・フェニックスはやっぱりスゴいなぁ…と。

正直、新たなジョーカーを彼が演じると聞いた時、私はあまり良い印象は感じられませんでした。とにかくヒース・レジャーが演じたジョーカーが凄まじすぎましたから。

しかし、いずれ誰かが演じなければならないのならば…彼で良かったと今は思います。

…え?ジャレッド・レトのジョーカーですか?いやいや、そこは聞かないで下さい。個人的にはとても魅力的で惚れたのですが、あまりにも世間の評価がヒドいので…心の奥底だけで賞賛する事にしています(笑)

…悪くないと思うんだけどなぁ、ジャレッド・ジョーカー…。