『バッド・ルーテナント』1992年作品のリメイク…ではないらしい

1992年「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のリメイク作品・・と紹介されることが多いこの映画ですが、監督のヴェルナー・ヘルツォークは「そっちは関係ない。リメイク?アホかオリジナルじゃ」と否定しています。話の内容も全く別物。誤解なきように・・。

バッド・ルーテナント
(原題:Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans)

2009年 アメリカ

主なキャスト:

ニコラス・ケイジ
エヴァ・メンデス
ヴァル・キルマー
アルヴィン・“イグジビット”・ジョイナー
ショーン・ハトシー

監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ウィリアム・フィルケンスタイン

ネタバレ含まないあらすじ

大型ハリケーン「カトリーナ」が直撃し、水没してしまったニューオーリンズ警察所。逃げ遅れた囚人を、わが身を顧みず救出した事で警部補へ昇進したテレンス(ニコラス・ケイジ)だが、実はタイトル通りのバッド・ルーテナント(悪い警部補、の意)っぷり。

彼は警官でありながら、大のドラッグ大好きっ子。売人からヤクをせしめ、一般人からヤクを奪い、証拠品保管所からヤクを盗む。そしてヘタクソな賭け事に大金をつっこみ、金にも困窮。

そんな彼は、なぜか美しい高級娼婦フランキー(エヴァ・メンデス)と良い仲。

どんどん無法を重ねるテレンスに、観ている人も「いつかコイツは破滅する・・」といった予感がするのだが、早々にその予感は当たる事になり・・・

・・・といった内容の作品。

相変わらずのニコラス・ケイジ

もう、彼の映画を観るたびに言っている事ですが・・・

ニコラス・ケイジは相変わらず、何をやっても「ニコラス・ケイジ」

詐欺師をやってもニコラス・ケイジ。教師をやってもニコラス・ケイジ。刑事をやってもニコラス・刑事。

たしかに細かいトコでいろいろやってはくれますよ。悲しみを表現したり、喜びを表現したり・・・・でも全て、ニコラス・ケイジが悲しんでたり、喜んでたりするだけ。彼以外の誰でもない。

こういう「全ての役柄を自分、として演じる事しかできない俳優」を、私は勝手に「キムタク型俳優」と呼んでいます。


ここからネタバレを含むよ!

相変わらずのテレンス

テレンスとして考えていきましょう。

とにかく誰もが思うであろう「こんなんでいいの!?」感。警察ですよ、警察。たしかに日本にもありえないような人格の警官が多くいますが・・・さすがにテレンスほどの人間は見たことも聞いたこともない。

もう羨ましいとすら思えるほどの、自由奔放っぷり。

どんどん収拾のつかない方向に落ちていってるのだけれど、反省する事もなければ生き方を改善しようともしない。

しかしトントン拍子に物事がうまくいき、果ては警部に昇進!

もうマジメに生きるのがバカらしくなってきます。

しかし、最終的にアレコレの問題は片付いたものの、ハッピーエンドというわけでもない気がします。葛藤もあるようですが、結局のところテレンスは何も変わっていません。

見る人を選ぶ気も・・

テレンスがハイになっている時のイグアナ、ダンサーなどの幻覚。不意に差し込まれる音楽。水槽前でただ体育座りする尺の長いラストなど・・・。

その空気感と演出を楽しめる人であれば「カッコイイ」「味わい深い」と思えるのですが、そういう系が理解できない人には「意味わからん」となってしまいそうです。

私はこの映画を約10年前に一度観て、去年あたりに再度観たのですが・・・一回目と二回目で、ぜんぜん印象が違いました。あれ?こんな映画だったっけ?と。

一回目の鑑賞では「意味わからん。つまらん」だったんですよね・・・。浅かったんだなぁ・・・。

昔観てイマイチ面白くなかった方は、もう一度観てみるのも良いかもしれませんよ。あまり期待せず、流し見るくらいの気持ちで・・・。

アメリカ本国の評価はけっこう高いんだよね・・・この映画。