映画「ロックスター」ジェニファー・アニストンって歳とらないねぇ・・

あまり見る事のないジャンルなのですが「ティモシー・オリファントが出演している」という事で食いついた作品、ロックスター。

ところが観てみると、目で追っていたのはティモシーではなく・・・

ロックスター

2001年 アメリカ

主なキャスト:

マーク・ウォールバーグ
ジェニファー・アニストン
ティモシー・オリファント
ジェイソン・フレミング
ティモシー・スポール

監督:スティーブン・へレク
脚本:ジョン・ストックウェル

製作総指揮としてジョージ・クルーニーが参加

ネタバレ含まないあらすじ

主人公のクリス(マーク・ウォールバーグ)はロックバンド「スティール・ドラゴン」の熱狂的なファンでもあり、自らも「ブラッド・ポリューション」というスティール・ドラゴンのコピーバンドで活動を続ける日々。

あまりにも熱狂的すぎて、何から何までスティール・ドラゴンの完全コピーでないと気がすまないクリス(彼曰くコピーバンドではなくトリビュートバンド。そういうところも面倒臭い)と「いやいや多少はオリジナル要素入れんと」と考えるメンバーの間に摩擦が生まれ、結果的にはバンドを追い出される始末。

ところが歌唱力だけは才能があったクリス、ご本家のスティール・ドラゴンのボーカル候補に選ばれるという幸運から、見事ロックスターへの階段を登りつめていくのだが・・・

・・・といった内容の作品。



ここからネタバレを含むよ!

ジェニファー・アニストンがクソ可愛い

この作品、なにがツボったってジェニファー・アニストンにヤラれました。

ほぼノーマークの女優だったのですが、あれれ、どストライク。なんでブラッド・ピットは離婚したんだろうね、もったいない。

あんな「あっちこっちから子供を集めてくる唇オバケ」よりも、こっちのほうが108倍良いじゃないか・・・と思ったりしますが、実際に夫婦生活をしてみるとイロイロあるのでしょうなぁ。

歳をとってもチャーミングな彼女ばかり目で追う観賞会となってしまいました。

でも彼女、ドラマが主なので映画の出演はそれほど多くないんですよね。。もっとそのご尊顔を鑑賞させていただきたいところです。

マーク・ウォールバーグがクソ歌上手い

映画「テッド」でもクマのぬいぐるみと「ファッキン・サンダーッ♪」と歌っていたマーク・ウォールバーグですが、この作品ではプロ顔負けの歌唱力を披露してくれます。

すごいなー、彼はこんな才能もあったのかー、と思いましたが・・・・これ、本人が歌ってる?

果たしてその歌声はマーク・ウォールバーグ本人なのか否か!

ティモシー・オリファントがクソもったいない

個人的にものすごく好きな俳優であるティモシー・オリファント。

彼は「映画・ヒットマン」のせいで、なんかヘンなイメージがついてしまっていますが・・・私としてはそうじゃないんだよなぁ。

この「ロックスター」の中ではクリスのバンドメンバーとして登場しますが、その後スティール・ドラゴンにクリスが迎えられてからは、ほぼ登場シーン無し。

というかロン毛のティモシーはヤバすぎます。なんか宇都宮隆(TMNボーカル)のように見えます。というか、中途半端に毛が長くて顔の濃い俳優は全て宇都宮隆に見えます(笑)

ラストで髪を切り、カッコよくなったティモシーが見れるのがせめてもの救いです・・・。

見どころ・ポイント

「そんなんあるかっ!」と言いたくなるような漫画的な部分もありますが、矛盾を感じるような違和感もなく、全体のテンポも良く仕上がっています。

マーク・ウォールバーグは相変わらずの演技で安定していますし、最後まで一途なジェニファー・アニストンも愛らしい。彼女、歳とらないよね。

ビッグなスターになると、やはり下半身のほうでも豪遊してしまうようで・・・ちょっとそっち系のシーンもありますが、露骨なベッドシーンはありません。表現やセリフは露骨な部分がイロイロありますが(笑)

最後に一言

恋人や夫婦での鑑賞もオススメです。「やっぱり男ってサイテー」とか言われながら観ましょう。ああそうさ!男はみんなこんな感じさ!