映画『アフターライフ』結局死んでたの?生きてたの?(ネタバレ含)

もう最初に言っておきます。この映画は非常に「見解の分かれる作品」となっており、感想やネタバレ系サイトでも様々な意見が出ています。

「そりゃ違うだろ!」と思った方も、あくまで一個人の見解としてお読みください。私も、この作品に対する他の方の感想を読んで「そりゃ違うだろ!」と思ったりしましたので・・・まぁお互い様。考え方ってホント人それぞれ違うんだねぇ・・って事で。

アフターライフ

2009年 アメリカ

主なキャスト:

クリスティナ・リッチ
ジャスティン・ロング
リーアム・ニーソン
チャンドラー・カンタベリー

監督:アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー
脚本:アグニェシュカ・ヴォイトヴィッチ=ヴォスルー、ポール・ヴォスルー

ネタバレ含まないあらすじ

小学校教師のアンナ(クリスティナ・リッチ)と恋人のポール(ジャスティン・ロング)は、お互いに愛し合ってはいるものの、どうにもすれ違いや誤解ばかり。「あんたなんてもう知らーん!」と嵐の中を車で飛び出したアンナは事故に遭ってしまう。

気が付くとそこは葬儀屋主人のエリオット・ディーコン(リーアム・ニーソン)の屋敷地下。どうやらアンナは事故で死んでしまったらしく、エリオットは死者と会話する能力があるらしい。

「そんなん嘘やー!」と、とっ散らかるアンナに対し、エリオットは時に優しく、時に厳しく、時に変なテンションで「おまえは死んだのだ」という事を理解させようとする。

一方、ポールも「死んだなんて嘘やー!」の勢いで、エリオットに絡みまくるし子供も殴るし警察も困らせる。

果たして、アンナは本当に死んでいるのか・・・・

・・・といった内容の作品。

ここからネタバレを含むよ!

死んでる?生きてる?

まずは最大の論点「屋敷地下に運び込まれた時点で、アンナは死んでいるのか」から。

この点、監督は公開後のインタビューにて「その時点でアンナはまだ生きている。エリオットは異常者のシリアルキラー」と言っています。

・・・・が、監督がそう言っているにも関わらず、なぜか意見が分かれるのがこの作品のミソ。

伏線なども含め、曖昧な部分が多い事が「もしかしたら本当に死んでいて、エリオットは本当に死者と会話できるのでは?」というミスリードから抜けられない原因になっているのでしょう。

私ももちろん「生きている」派です。

伏線「薬品」

ポールが警察を困らせている最中に、話に出てくる「ヒドロニウム・ブロマイド」という薬品。どうやら仮死状態のような状態になる薬らしいです。

エリオットはちょいちょいアンナに注射を打っていますが、終盤でしっかりと「ヒドリニウム・ブロマイド」というラベルが見えます。

この部分、個人的にはガッカリです。せっかく「生きているか死んでいるか」を終始ボカした流れになっているのに、あまりにも露骨すぎて萎える・・。

伏線「息で曇る」

中盤、地下から逃げ出したアンナを見つけた際、息で鏡が曇ってしまったのを見たエリオットはこっそり拭き取ります。

終盤、アンナも鏡に息がかかって曇ったの見て「自分は死んでいない」と確信します。

もしこれがアンナの妄想や願望からくるものであれば、こっそり拭き取るシーンも不要でしょう。

伏線「車」

これは気づきづらい伏線ですが・・・

冒頭、アンナが嵐の中車を走らせていると、後方からガンガン煽ってくる車があります。・・・これ、エリオットの車です。

たまたま同じ車種、カラーだった・・では映画としてはおかしい話ですので「アンナの事故そのものが、エリオットによって引き起こされたもの」という事です。

始めてエリオットとポールが顔を合わせた際、エリオットはポールの職業をすでに知っていました。「小さな町ですし、職業柄情報も多いので・・・」という発言は、なぜアンナが狙われたのか?という理由につながります。アンナの生き方や状況をエリオットは知り、「生きるに値しない」としてターゲットにしたのでしょう。


それ以外にも細かい伏線はチョイチョイあります。

私としてはなぜ「アンナは死んでいる。これは生と死の狭間の話です」という結論になるのか、謎なくらいなのですが・・・

でもイロイロとずさん(笑)

もちろん、ラストでポールがエリオット邸の地下に運び込まれ、そこで会話するシーンでも「この時点ではまだポールは死んでいない」と思うのですが・・・。

「もし事故らずに無事に墓地についていたらどうするつもりだったの?」という気持ちが抑えられません。

そもそもアンナを事故らせる方法も「めっちゃ煽りまくる」という、まるでどこぞのヤンキーのような行動。もっと知的にどうにかできなかったんでしょうか・・。

イイ・・イイよ・・エリオット・・

エリオットは墓穴を掘りながら「葬るのは死んだからではなく、生がないから」「私にはさまよう死体が見える。彼らは愚痴ばかりで意欲もない」と述べます。

彼にとっては生きるという事に一生懸命にならず、不平不満を並べながら惰性で生きている世間の人間は「生きている」とは言えず「さまよっている死体」と見えるのでしょう。

だから、葬る。それもただ殺すのではなく、今までの自分の生き方を悔いる時間を与えたうえで。

非常に素晴らしいサイコさんです。こういう「頭のイッてる哲学を持つ殺人者」は大好物です。

なお彼の後継者としてなかなかのサイコ感を出している少年ジャック、演じるチャンドラー・カンタベリーはニコラス・ケイジとも共演しています。

この作品ほどではないにせよ、やっぱりちょっと「アレ」な雰囲気が出ているチャンドラーはこっちだ!

とにかくこの『映画/アフター・ライフ』は死んでるとか死んでないとかに話題が集中してしまう映画ですが…そういう面倒なこと抜きで観ても面白い作品ですので、まだ観ていない方はぜひ一度。