映画「アウェイク」全身麻酔の手術中に意識が覚醒!?なんじゃそりゃ!?(ネタバレあり)

「術中覚醒」というちょっと耳慣れない単語をテーマとした作品ですが、ヘイデン・クリステンセンのボンボンっぷりと、ジェシカ・アルバのイイ女っぷりも楽しめる、サスペンス色の強い作品となっています。

アウェイク
(原題:Awake)

2007年 アメリカ

主なキャスト:

ヘイデン・クリステンセン
ジェシカ・アルバ
テレンス・ハワード
レナ・オリン

監督:ジョビー・ハロルド
脚本:ジョビー・ハロルド

ネタバレ含まないあらすじ

亡き父から大企業を受け継いだボンボンのクレイトン(ヘイデン・クリステンセン)は、ママ(レナ・オリン)に愛され、美人秘書のサム(ジェシカ・アルバ)ともペロペロする仲。それはもう妬ましい人生です。

そんな恵まれたクレイトンにも深刻な問題が。彼は重大な心臓疾患をかかえており、移植手術をしなければ長くは生きられません。

しかし親友の外科医ジャック(テレンス・ハワード)はクレイトンのためにドナーを見つけてくれます。

「ママがアレコレうるさいけど、移植手術は勝手にこっちでやっちゃえー。サムとの事も反対してるけど、えーい結婚しちゃえー」

てな感じで「ボクだって一人前の大人なんだ!」的に始まった心臓移植手術ですが・・・

・・・・あれ?

といった内容の作品です。



ここからネタバレを含むよ!

怖いよ術中覚醒

この作品の最大のポイント「術中覚醒」

「全身麻酔を施された患者が、手術中に意識がある」という事なのですが・・果たして実際に起こりえる事なのでしょうか?

おのれ・・・

それにしてもクレイトンの恵まれっぷりときたら・・・

父親から大企業を受け継いだいわゆる「ジュニア」なので、経験に見合わない立場にいきなり立たされた苦労や、周囲からなにかにつけて父と比較されるなど・・・庶民にはわからない苦労もたくさんあるでしょう。

でもねぇ・・

金があって、ママにも愛されて、美人でスタイルの良い秘書がいて、しかもその秘書とペロペロする関係に・・・妬ましいったらありゃしない!

しかも親友に外科医がいるとか・・・。私の親友なんて「スーパーの店員」とか「八百屋」ですよ。心臓病に困っても、どうにもならん。せいぜい「ネギが身体にいいらしいよ!」とか、そのくらいですよ。

恵まれてるけど心臓が・・

しかし、彼は重大な心臓疾患もち。

うーむ・・・。

「めっちゃ金持ちで、美人と営み放題だけど・・心臓に爆弾!」「働けど働けど中の下の収入だけど・・・元気!」っての、どちらが良いんでしょう。悩ましいところです。

この作品のヒロインが「あちゃー・・」な女優であれば、やっぱ健康が一番だね!と思えたかもしれません。「映画/ピエロがオマエを嘲笑う」に出てくるマリのようなブサ・・・おっと、えーと・・控え目な顔立ちだったら、です。

でもなぁ・・ジェシカ・アルバだったら、迷わざるを得ない。

そもそも美人も親友も・・・

物語が進むと、その「美人な彼女(妻)」も「外科医の親友」も、ぜーんぶ「嘘」でしたー!の大どんでん返し。

最終的には「最初から全部ママの言う通りにしてれば良かったのよ」って事になってしまうのですが・・・私個人としては、息子の親友や恋人にまでアレコレ口出すような母親はちょっとどうかと思います。。。。

もちろん自らの心臓を差し出してまで、息子を守ろうとする母親の愛は素晴らしいと思います。なかなかマネできる事ではありません。

でもねぇ・・「なんでも親の言う事が正しい」ってなスタンスの人間には、激しく拒絶反応を起こす体質なもので・・この母親にも最後まで嫌悪感しか抱けませんでした。いや、ホント愛情は素晴らしいと思うのよ。

そんなこんなで・・

大丈夫だよクレイトン!金持ちだし、すぐに新しい彼女が見つかるよ!ムチムチとかボインボインの!