映画『ナインスゲート』謎の女と謎の爺(結末・ネタバレ含)

注)当記事は『映画/ナインスゲート』のあらすじ・ネタバレ・結末を含みます。未鑑賞の方はご注意下さい。

今回はちょっと古い作品で戯言を。ロマン・ポランスキー監督の『映画/ナインスゲート』です。

とにかくアレコレと考察したくなるような内容ですが、理解が難しいというよりも謎は謎のままで…といった作品ですので、皆様とは感想が異なるかもしれません。変人の戯言という事でご了承下さい。

ナインスゲート


1999年 フランス・スペイン

主なキャスト:

ジョニー・デップ
フランク・ランジェラ
レナ・オリン
エマニュエル・セニエ

監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロマン・ポランスキー、エンリケ・ウルビス、ジョン・ブラウンジョン

原作はアルトゥーロ・ペレス=ロベルトの小説『呪いのデュマ倶楽部』

ネタバレ無しのあらすじ

稀覯本のディーラーを生業としているコルソ(ジョニー・デップ)は、収集家バルカン(フランク・ランジェラ)からとある本に関する依頼を受ける。

それは世界に3冊しか現存しない『影の王国への九つの扉』という悪魔崇拝の祈祷書で、バルカンが所有している以外の2冊を調査・鑑定して欲しい…というもの。

バルカン曰く本物は1冊。他の所有者の本が本物であれば、どんな手段を使っても良いので手に入れろ…と。

破格の報酬に引き受けたコルソだが、本の謎を追うにつれ彼の周囲に不穏な空気が漂いはじめる…

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

ジョニー・デップはもはや語るまでもない有名人。素晴らしい演技を披露してみたり、平凡で盛り上がりに欠けていたり…作品によって評価が上下する俳優といった印象です。もちろん嫌いではないです。

彼は見た目があまり変わらないので、これが古い作品だという事をちょっと忘れてしまいがちですが…本の調査を依頼するバルカン役、フランク・ランジェラの若さ(頭髪)に「おお、やっぱり20年前の作品だっ」と(笑)

レナ・オリンは現在も美人ですが、やはりこのくらいの年齢のほうが色っぽくて良いですな。

いろんな意味でアレな存在である謎の女、エマニュエル・セニエは他作品でも見た事があるような…ないような…。1989年に本作の監督ロマン・ポランスキーとご結婚した方だそうです。ほえー。


ここからネタバレを含むよ!

謎の女と謎の爺

まず最初に本映画最大の謎と言っても良い要素を片付けてしまいましょう。イチゴショートケーキは最初にイチゴから食べる派ですし。

『謎の女』と『謎の双子爺』の正体について…です。

女のほうはバルカンが雇ったお目付け役か…と思いきや、不意に「ぶーん」とゆっくり飛んでみたりするので「こりゃ人間じゃねぇ!」という事だけは早めに明かされます。

どうやら彼女は『悪魔の化身』であり、影の王国への導き手のような存在。9番目の版画に描かれてるおっぱい丸出しでゲートを指さしているのが彼女でした。

コルソは彼女に選ばれた…という事になるようです。

そして可愛い可愛い一人二役の爺はというと…こちらも『悪魔の化身』もしくは『悪魔の化身の手下』という解釈が多いようでした。

なるほど…それもアリだと思います。そう考えれば辻褄が合う部分もありますし。…しかし逆におかしな点も出てきてしまうんですよね…。うむむ。

個人的にはこの双子爺は正体を明確にせず、「悪魔関係者かもしれないし、悪魔崇拝関係者かもしれなしい、ただの本フェチかもしれない」といった具合に謎のままのほうが深みがあって良いかな…と。

ジャンルに迷う

『悪魔』というテーマを扱っているこの『映画/ナインスゲート』ですが、露骨にCG悪魔が登場するような事もなく、エグいシーンもありません。

そして「3冊のうち、本物はどれだ!?」という謎解きな流れで始まるものの、2冊目を手に取り『LCF』の署名がついた絵がどちらも3枚づつ…という時点で「あー。全9枚中、各本3枚づつ本物で3冊を合わせて1冊になるのね…」とすぐ予想できてしまいます。

ホラー・スリラーとするには恐怖要素が少なく、サスペンス・ミステリーとするには謎がない。悪魔崇拝の集会は乱交パーティーだと言うから期待してみれば、おっぱい1個も出てこない。

なんともモヤモヤというか、どの棚に収めて良いのかわからない作品でもあります。

いや、決して批判しているわけでも不満があるわけでもないんですよ。この映画はこういう流れを楽しむ映画ですから。

淡々と進む流れには緊張感があるのに、いざそれっぽいシーンになるとやけにアッサリで緊迫感のカケラもなかったり、アクションシーンが笑ってしまうほどチープ&ひどいカメラワークだったりですが…それでいいんです。

黒人ボディーガードがコルソを捕まえる際、飛び掛からずに謎のカニ挟みを使おうともそれで良いんです。

謎のカニ挟み

ホントにプロ?

いろいろな部分であっさり風味な映画ですが、原作をかなり端折って描かれていますので…仕方ないと言えば仕方ない。

こりゃ面白い話だなー、と思った読書好きな方はこちらを読んでみると幸せにれるかもしれません。映画をボリュームアップしたような内容になっています。

なにはともあれ…

古い映画ですし、変人ロマン・ポランスキー監督の作品ですから…評価も好みも分かれるのが当然と言えば当然。

私は前半はぐいぐい引き込まれたものの、中盤からちょっとダルくなり、終盤はもう無感情で流れに身を任せるような鑑賞でした。

進むにつれ、あまりにも無理矢理かつツッコミ要素が増えていくんですもの…。最後の1枚、あんなトコにほったらかし?コルソの到着が3分遅れてたらゴミ箱行きだよ?

しかしそんな事よりも、とにかく最初から最後まで思った事は…

あんた、もうちょっと本を大事に扱え!!!

…でした(笑)