ネタバレ『映画/キラー・インサイド・ミー』尻フェチ必見!スパンキング戯言

『映画/キラー・インサイド・ミー』のネタバレ戯言なのですが・・・今回は殺人犯に対する考察などではなく、ただただ尻に関する戯言。映画内容に関してはほぼ触れておりません。ノーマルな方は回れ右して家に帰り、母ちゃんのおっぱいでも吸ってやがれこのやろう。

キラー・インサイド・ミー
(原題:The Killer Inside Me)


2010年 アメリカ

主なキャスト:

ケイシー・アフレック
ジェシカ・アルバ
ケイト・ハドソン
ネッド・ビーティ
イライアス・コティーズ
ビル・プルマン

監督:マイケル・ウィンターボトム
脚本:ジョン・カラン

1976年にも映画化されており、
主演はステイシー・キーチ

原作はジム・トンプスンの小説
「The Killer Inside Me」

ネタバレ含まないあらすじ

時は1950年代。

西テキサスの田舎町で保安官助手を務めるルー(ケイシー・アフレック)は、その人当たりの良さで好青年として慕われていた。

恋人エイミー(ケイト・ハドソン)との仲も順調で穏やかな生活・・・だったはずが、とある事情から知り合った娼婦ジョイス(ジェシカ・アルバ)をきっかけに、彼の中に眠る「歪んだ衝動」が目覚める。

…そう、尻は叩くためにあるのだ。レッツ!スパンキングッ!!

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

日ごろから「サイコ最高!」「キチ〇イ犯罪者萌え!」てな事を言っている私ですが、今回だけはちょっと毛色が違う。

たしかにこの映画に登場するルーもそっち系のお方ですし、「人を殺す」という行為に対しても実に良い価値観を持っておられます。

ドSで尻を叩くことに超興奮する、というのも素晴らしい。私も同様の性癖なので非常に共感できます。さすがに血がにじむまで叩くほうなハードプレイはしませんけど。

しかし・・・全く萌えないんです。ルーを好きになれないんです。

その原因は演者であるケイシー・アフレック

なんですかコイツの勘違いした自信ヅラは。ひ弱なモヤシのクセに…。ふにゃふにゃと甲高い喋り方もイライラする。『映画/ゴーン・ベイビー・ゴーン』でもそうでしたが、この人に骨太な役柄を演じさせるのは無理がありすぎるでしょう。

どこからどう見ても、世間によくいる「中身ペラッペラで雑魚いクセに、プライドだけ高いガキ」にしか見えないんですもの。これじゃどんなにキッチーな殺人鬼でも興奮できず…。

しかしそこを補ってくれるのがジェシカ・アルバの存在。いえ、厳密にいえばジェシカ・アルバの尻の存在です。

恋人役のケイト・ハドソンも良き尻をしていますし、単体で出てくれば十分に魅力的なのですが…今回はジェシカ・アルバと比較される位置に配置されているというのが残酷。


謎・考察・解説…よりも尻

ところで…あなたはどちらの星から地球へ?

ほうほう『おっぱい星』ですか、あそこの出身者は多いですよねぇ。地球は右を見ても左を見てもおっぱい星人だらけですよ。

私ですか?もちろん『尻星人』です。もはや病的なまでに尻を愛し、尻の魅力に囚われた中毒者です。

さっきから何度も何度も『尻』という単語を打ちすぎて、「尻ってこんな漢字だっけ?」と思えてくるほどに尻フェチです。

…というわけで、この『映画/キラー・インサイド・ミー』に関して考察や解説をしろと言われても無理ですよ。

だってあまりにも

S系尻フェチの心を捉えて離さない映画

なんですもの。

良く考えて下さいよ、ツン状態のジェシカ・アルバが、尻をバチバチ叩かれてデレに変わるんですよ?この瞬間だけでマイマグナムが暴発しそうなほど興奮するじゃないですか。さらに尻叩きのおねだりまで始めるんですよ。おいおいどんだけ最高なのよ。

これまでに4回鑑賞しましたが、ケイシー・アフレックが尻を1発叩くたびに私の鼓動も高鳴り内容が全然入ってきません。

彼の心に潜む闇や、潜在的な暴力衝動。そんなのどうだって良いですよもう。

ちなみに私は尻星から来た生粋の尻星人ですが、顔面騎乗などを好む『M系尻星人』とは仲良くできません。

超個人的な戯言感想

…というわけで、映画の内容は完全にそっちのけ。好き勝手に尻を語って終わり…という誰得な記事となってしまいました。

果たしてここは「映画ブログ」と呼べるのでしょうかね。

まぁたまにはこんな場所があったって良いじゃないですか。どうも映画ブログってのは評論家きどりでダラダラ講釈をたれるサイトが多すぎですし。

私、頭良いです!映画通です!といったノリではなく、私はド変態です!といったノリで綴りたい。

100人中99人が眉をひそめる中、たった1人のツボにドハマりするような異空間を目指し、これからも頑張っていきたいと思います。たぶん。