映画『パラサイト』プールに浮かぶ白い…(ネタバレ有り)

ロバート・ロドリゲス監督のホラー作品という事から、なんとなくB級映画のようなイメージがある『映画/パラサイト』ですが…豪華なキャスト、秀逸なシナリオ、巧みな演出、その全てがバランス良くまとまっており、決してB級とは呼べない仕上がり。

後半からは「おいおいっ!」とツッコミたくなるようなご都合主義な展開になるものの、それも許せてしまう不思議な魅力をもった1本です。

パラサイト

(原題:THE FACULTY)


1998年 アメリカ

主なキャスト:

イライジャ・ウッド
ジョシュ・ハートネット
ジョーダナ・ブリュースター
クレア・デュヴァル
ローラ・ハリス
ショーン・ハトシー
ロバート・パトリック
ファムケ・ヤンセン

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ケヴィン・ウィリアムソン

ジャック・フィニィの「盗まれた街」がベースとなっている。

ネタバレ無しのあらすじ

オハイオ州の田舎町、ハリントン高校。フットボールに力を入れる平凡な学校であったが、教師達が徐々に異様な行動を起こし始める。

そんな折、いじめられっ子のケイシー(イライジャ・ウッド)はグラウンドで異様な生物を発見する。それこそが教師達の異変の原因であり、人間に寄生することで思考・行動をコントロールしてしまう謎の生き物だった。

生徒にまで寄生が広がっていく中、ケイシーをはじめとする6人の生徒は力を合わせて「パラサイト」に立ち向かおうとするのだが・・・。

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

映画においてキャストって大事ですよねぇ。

どんなに内容がクソな映画でも、大好きな俳優が出ているだけで少々の満足感はあったり、逆に「それなりに及第点」の映画でも、俳優に魅力を全く感じなければ観ていて非常にキツい。そして鑑賞後の満足感もイマイチだったり。

この「映画/パラサイト」も、キャストに全く魅力がなければ「シナリオは悪くないのに、いまいち盛り上がらないB級ホラー」で終わってしまいかねない内容ではあるのですが…そんな事を言わせぬ、異様に豪華なキャストっぷり。

指輪を捨てに冒険に旅立つ前のイライジャ・ウッド、地味にイケメン・ジョシュ・ハートネット、見た目いじわるでも中身はピュアなクレア・デュヴァルという「任せて安心・鉄板俳優」が魅力を存分に発揮している脇に、異次元の美人っぷりジョーダナ・ブリュースターを配置。

他に目立った出演作はありませんが、メアリーベス役のローラ・ハリスも良い感じです。全裸になった際のちょっとやぼったい体型はヨダレもの。

さらには教師陣も魅力的で、T1000の名でターミをネーターしたロバート・パトリックに大御所ファムケ・ヤンセンときています。

このキャスティグならば、どんなにクソみたいな内容だったとしても文句はありません。個人的には。

2019年に再鑑賞しての記述

現在でも活躍しているキャストが多く出ていますが、とにかく若いっ。

特にジーク(ジョシュ・ハートネット)が・・・なんだその髪型は(笑)

イライジャ・ウッドも「映画/ロード・オブ・ザ・リング」出演前で若々しいです。なぜかストークリー役のクレア・デュヴァルは・・あまり若さを感じません。歳とっても変わらないのね、この人。

いつでもビシビシ!ドSキャラのイメージがあるファムケ・ヤンセンですが、この作品ではおどおどしてイモっぽいバーク先生として出演。これはたまりません。ジークに『マグナムサイズ・チェリー味』を出されて、困惑しながら去ってしまう姿にはものすごく興奮しました(笑)

フットボール監督であるウィリス先生(ロバート・パトリック)は「映画/ターミネーター2」のT1000のイメージが強すぎるので、逆に彼だけは「歳とったなぁ・・」と感じます。

掴みはバッチリ

開始早々、フットボールのシーンで流れるオフスプリングにはテンションが上がりました。

教師達が寄生される⇒生徒にまで蔓延していく・・・の流れまでは、ちょっと強引な展開はあるものの非常にテンポが良く、キャストの魅力も手伝ってグイグイ引き込まれていきます。

ちょいちょいねじ込まれるオマージュ的な演出も、ほどよいツッコミ感で良いアクセントになっています。この手の演出は過剰にやりすぎるとダレる原因にもなりますが絶妙な匙加減。

6人がジークの車で学校を脱出するまでの展開はバッチリです。個人的には文句をつけるポイントはありませんでした。

ここからネタバレを含むよ!!

中盤はちょっと苦しいか…

序盤はバッチリなのですが、ジークに家に6人で集まったあたりはちょっぴり苦しい展開かと…

「フットボールの主将をやめたのが怪しい」「いや、急にメガネをかけるなんて怪しい」「あんたこそ、〇ズビアンだったのに怪しい」「やたら詳しいから怪しい」などなど・・・「6人が互いに疑心暗鬼に陥っていく」ってことを演出したいのはわかるのですが、ちょっと強引というか…こじつけというか…。

そして「ボスを倒せば、みんな元に戻る」という話も、あくまでも小説ではそうだった…というだけなのに、あまりにもあっさりその路線で展開しすぎな気も・・・。

たしかに解決の手段は見つかりませんし、たとえ小説ネタであったとしてもそれにかけるしかない・・・って事なのでしょうが、ちょっとギリギリな感じが否めません。

ちなみにこの何度も出てくる「ボディ・スナッチャー」というタイトルですが、これはジャック・フィニィの小説「盗まれた街」を元ネタとした作品で、この『映画/パラサイト』も同じ小説が脚本の基となっています。

「同じ原作をもとにした他の作品では、ボスを倒せばみんな元に戻ったのだから・・・この作品でもボスを倒せば元に戻るはず」という、ちょっと含みのある演出は面白いと感じました。

終盤はもうお祭りだっ!(笑)

金曜の夜だからボスがいるなら居場所は1つ…という決めつけもちょっと「おいおいっ」な感じがしますが、そのへんは置いといて。

この向かった先のフットボール会場がまたスゴいのなんのって。

フットボールとは仮の姿で、その中身はひたすら「相手をぶっ倒して、耳から寄生させる」という・・・

いったい何の競技だよ、コレ!

とツッコまざるを得ないようなプレイが繰り広げられています(笑)いいですね、この本気のバカ感。

そして明らかになる「本当のボス」

これはものすごく予想外とまではいかないものの、上手に気を逸らしてくれるシナリオのおかげで面白い展開でした。

校長を倒す際にメアリーベスが薬をぜーんぶまき散らしていた時は「おいおい、バカかおまえはっ!」と思いましたが、しっかり意味があったんですね。。。

さぁさぁ…おっぱいと尻が大好きで仕方のない男性諸君、ここで「メアリーベスの全裸」が登場ですよっ!!

プールで化け物になってストークリーを襲った後、人間の姿に戻って泳いで上がるシーンの「水面に浮かぶ白い尻」だけで、どんぶり3杯は食えそうじゃないですか。拡大してプリントして、お守りに入れて持ち歩けばご利益もありそうです。

しかし潜っている時は平泳ぎなのに、水面に上がってからは足を閉じたバタ足に変えちゃうってのは…「なぜ!なぜ、そのまま平泳ぎしてくれないんだよっ!!」と嘆きたくなりますな…。

モデル出身女優などのスラッとナイスバディのヌードは純粋に「美しい」と感じますが、彼女のようなちょっとヤボったい体型のヌードは「リアルな興奮」を感じさせるので個人的に大好物です。

…が、現在の解像度の高いモニタでしっかり見てみるとロッカールームからは『おっぱい&下半身にしっかり何か巻いている』という非リアルっぷり。ひ…卑怯なっ。

・・・しかし何度も【巻き戻し&一時停止&明度調整】して、じっくりおっぱいの真偽を確認している自分にはちょっと悲しくなりました。

面白い映画だった!と言える良作

怒涛の終盤からの結末も、なかなか気持ちよく収まりました。

「いつものドS・ファムケ・ヤンセン」っぷりを見せたバーク先生も再びオドオドの萌えキャラに戻ってくれましたし、フットボールを始めたジークとも上手くいっているようで良かったです。襲われた時にトドメささなくて良かったね。

スタンとストークリーのカップリングも、まぁ本人たちが良いのならば。

しかしケイシーとデライラの組み合わせは・・ちょっと納得がいかない気もします(笑)

デライラ的にはたぶん良いんでしょうよ。スタンとも「フットボールの主将」というステータス目当てで付き合っていたわけですから、今度は「学園を救ったヒーロー」であれば申し分ないでしょう。

ケイシーもデライラに惹かれていたようですし、まぁ良かったねとは思うのですが・・・ここの組み合わせは長続きしなさそうな気が(笑)

けっこうな人数が死んでしまったので、みんな丸く収まって全て解決!というわけではありませんが…まぁ良しといった感じですな。

久しぶりに「面白い映画を観たなぁ」と思わせてくれる、良い作品でした。

それにしてもジョシュ・ハートネット、最近あまり見ないなぁ・・・