映画『10クローバーフィールド・レーン』最大のネタバレはパッケージにあり(笑)

低予算ながらメガヒットした快作『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編、『映画/10クローバーフィールド・レーン』でネタバレ含む戯言を。

面白さとダルさ、予想外と予想内が混在する、実にカオスな映画です…。

10クローバーフィールド・レーン


2016年 アメリカ

キャスト:
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ジョン・グッドマン
ジョン・ギャラガー・Jr
ブラッドリー・クーパー(声のみ)

監督:ダン・トラクテンバーグ

ネタバレ無しのあらすじ

婚約者との諍いから家を飛び出したミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、車で走行中に事故に遭い気を失ってしまう。

再び彼女が目覚めるとそこは見知らぬ部屋。腕には点滴が繋がれ、脚も拘束された状態だった。

どうにか逃げ出そうとするミシェルに対し、部屋に入ってきたハワードと名乗る男(ジョン・グッドマン)は「自分がおまえの命を救った。外の世界は何者かによる攻撃で汚染されている」と告げ、共に暮らすことを強制する。

果たして本当に世界はそんな状況になっているのか?この男の目的は?ついでにもう一人男がいるけど?

・・・といった流れで、そこからの展開を楽しめるかどうかは「前作を知っているかどうか」そして「パッケージを見てしまったかどうか」に左右される作品。

ここからネタバレを含むよ!!

クローバーフィールドで戯言

もう初っ端からネタバレしてしまうと、本作最大の魅力はギャップ萌え。

『気づいたら監禁状態。怪しい男。果たして何が本当で何が嘘なのだ!?』

…というソリッドシチュエーションスリラー的な物語を繰り広げつつ、ラスト15分で全ての予想を叩き潰すかのように…

じゃじゃーん!B級クリーチャー系・異星人SFモノだよーん!

…と、唐突なパワー勝負を挑んでくるからこそ素晴らしい。「本気のスリラーかと思ってたらそっち!?本当にそっち系だったの!?」とツッコミ混じりに称賛してしまう、そんな映画です。

ところが…

前作『映画/クローバーフィールドHAKAISHA』が無駄に有名なため、その続編というだけで巨大怪獣」「宇宙外生物という単語が嫌でも頭をよぎる。予告編ではそういった匂いは控えめにしているものの、パッケージで壮大にネタバレしているという(笑)

これらの予備知識を一切入れる事なく鑑賞を始めれば、序盤は『世界が汚染されたなんて嘘に違いない、ハワードがサイコ野郎なのでは!?』とドキドキできるものの、前作を知っていたりパッケージを見た人間からすれば無駄に抵抗するミシェルにやきもきするだけ。

取ってつけたような「ミシェルがシェルターを脱出する理由付け」が提示されたあたりから怪しい雲行きになり始め、その後の展開もやや雑。決してつまらなくはないものの、前半部を純粋に『密室系スリラー』として見るのは厳しいかと。

しかし「この映画は脱出してからが本領発揮ですよ!」と言えるかというと、そこもまた破壊力不足でして…。

シャワーカーテンで作ったお手製防護服と、ペットボトルで作ったインチキガスマスクで防げるような毒ガスを盛大に撒き散らした末に、そんなんで作れるわけがないエセ火炎瓶で盛大に爆発&墜落する巨大物体には困惑。一時的にとは言え、これに負けたのかアメリカ軍よ。

それにしても…ガチで変態サイコ野郎だったのならば、ハワードはミシェルが目覚める前にさっさとエメットを殺しておけば良かったのでは

私だったら美人が手に入った時点で、余計な男は殺しますけどねぇ。「やっと二人きりになれたね…ハァハァ…」的にヒゲなんか剃ってる場合じゃないでしょうよ。

キャストで戯言感想

…とまぁ、ひたすらダメ出しのような批判をしてはみたものの、個人的にはこの『映画/10クローバーフィールド・レーン』は比較的好きな作品だったりします。なんだかんだでメアリー・エリザベス・ウィンステッドが好き』というのが大きいのですよ。

仕方ないじゃないですか、背が高くて肩幅があって胸板も厚く、ウエストもしっかりして尻が大きい体型…はド真ん中ストライクなんですもの。そこにニコール・キッドマンを数回殴ってから粘土で肉付けしたような顔ですよ?たまらんじゃないですか。

そりゃ世界が終焉を迎えるならば、私だってそんな女性とシェルターに引きこもりたいですよ。

最後に余談ですが…ミシェルの彼氏であるベン。顔も出ず、電話越しに声だけの出演ですが…ブラッドリー・クーパーが演じています。さすがにこれはエンドクレジットを見るまで気づきませんでした…。