『遊星からの物体X/ファーストコンタクト』ネタバレと戯言

注!)当記事は『遊星からの物体X/ファーストコンタクト』のネタバレ・感想・あらすじ・キャスト等を含みます。未鑑賞の方はご注意下さい。

今回は1982年の名作ホラー『遊星からの物体X』の続編…というか前日譚を描く『遊星からの物体X/ファーストコンタクト』を久しぶりに鑑賞してみました。

最初に見た時はけっこう面白いと感じた記憶があるのですが、改めて見てみると「あれ?こんな映画だったかな」と。…物事の感じ方って歳をとるとだいぶ変わりますなぁ。

遊星からの物体X/ファーストコンタクト


2011年 アメリカ

主なキャスト:

メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ジョエル・エジャトン
ウルリク・トムセン
アドウェール・アキノエ=アグバエ
エリック・クリスチャン・オルセン

監督:マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・ジュニア
脚本:エリック・ハイセラー

原作はジョン・W・キャンベルの小説『影が行く』

ネタバレ無しのあらすじ

1982年、南極大陸。ノルウェーの観測隊は氷の奥深くに巨大な構造物を発見。

古生物学者のケイト・ロイド(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、サンダー・ハルバソン博士(ウルリク・トムセン)らと共に調査チームの一員として南極へ向かう。

その目的は発見された巨大宇宙船と地球外生命体の調査だった。

氷漬けになっていた地球外生命体を基地へと運び込み、歴史に残る大発見に興奮する調査隊だったが…その夜、生命体は氷を破壊して逃亡。追跡する隊員の一人を殺害してしまう。

どうにか生命体を焼き殺す事に成功するものの、解剖により『この生命体は他の生命体を複製し、なりすます事ができる』という事が判明。

すでに調査隊員の誰かが地球外生命体と入れ替わっている…いったい誰だ…。

・・・・といった内容から、グギャー!グエー!のクリーチャーホラーに移行する作品。

キャストで戯言

初めてこの作品を観たのはもう数年以上前。その頃は全く知らない俳優ばかり…という印象だったのですが、今改めて見てみると…やっぱり知らない俳優は多いです(笑)

しかし数名、「おおおっ!?」と驚く事はできました。数年の間に知り合いが多少増えました。

まずは主演、メアリー・エリザベス・ウィンステッド。出演作品の多い女優ですが、個人的に最も印象に残っているのは『映画/スイス・アーミー・マン』でした。回想とスマホ画面が主で、生で登場するのはほんの少しですけど。

そしてカーター役、ジョエル・エジャトン(エドガートンと表記される場合も)。隊員が多すぎて「え?誰がカーター?」となりそうですが、最後のほうまで生き残っていたアメリカチームの彼です。ヘリを操縦したり、弱いバスケットチームのファンだった彼です。こちらも出演作品の多い俳優ですが、『映画/ギフト』のインパクトが強烈でした。

それ以外で私がよく知っているのはアドウェール・アキノエ=アグバエのみ。『ドラマ/LOST』シリーズのエコー役の人です。そして実は『映画/スーサード・スクワッド』にも出演しているのですが、もう見た目がアレですので…彼と判別するのは難しいかと(笑)

↓アレ↓

キラー・クロック
© 2016 Warner Bros. All Rights Reserved.

ここからネタバレを含むよ!!

潜む恐怖から潜まない恐怖へ

『人間になりすます』という特性から、序盤は「誰だ…誰が入れ替わっているんだ…」とドキドキ。

オラフを病院へ運ぶためのヘリが飛び立った時は絶対に「オラフが入れ替わっているに違いないっ!様子が変だもの!」とか思っていたら、まさかの付き添い人がグギャー!!「え、そっち!?ていうかこの人、名前なんだっけ!?」と二重の困惑です(笑)

歯の治療痕で判別するあたりも互いの疑心暗鬼感が上手に出ており、ひしひしと緊張感のある恐怖だったものの…エドワルドがエイリアンだったと判明したあたりからは、もはやお祭り状態。わっしょいわっしょいと溢れかえるキモいエイリアンの宴です。

アダムと融合してしまった姿はインパクト大なのですが、もはや人間の姿になる事すら放棄した化け物っぷりに安っぽさを感じてしまいました…。いや、映画としてはこっち方向で良いんだと思います。私が個人的にあまり好きじゃないだけです。

それにしても、完全にモンスター系のクセに宇宙船とか作れるんですね…コイツら。それとも作ったのは別で、コイツは戦闘生物もしくは侵略用生物とかなんでしょうか…。

過去作への布石

冒頭にも書きましたが、本作は1982年公開『映画/遊星からの物体X』の続編であり、物語的には続きではなくその前を描く作品。そのため随所にあちらの映画に繋げる要素がたーっぷり散りばめられています。

『頭が二つの死骸』『壁に刺さった斧』『自ら首を切り裂いた死体』などをしっかり残しつつ、『犬を追う隊員』に繋げてエンドです。

あちらの作品を観た人であれば「おおー、アレはこういう事だったのかー」と感動…するかどうかはさておき、ちゃんと関連させて描こうという努力は伝わってきます。

物体よりも厚着が脅威

宇宙船の外装らしきフィンから落下するとその先は船内…ってのには「え?これ宇宙船だよね?」と困惑ですし、ピアスが正体判別の決め手となった事には「じゃあ服は…いちいち脱がせて着るの!?」と驚愕。そんなツッコミどころもありつつ、全体的にはホラー作品としてわりと良くまとまっているのでは…といった感想です。

続編(1982年作品)ありきの作りになっているため、終わり方には少々後味の悪いものが残りますが、本作1本だけで見ても許せん範囲内なのではないかと。

あれ?今回はいつものくだらない戯言が無いですね…。

『映画/30デイズ・ナイト』の時も書きましたが、南極が舞台になるとどうしても女性の露出が少ないんですよね…当たり前の事ですけど。そうなると必然的に「胸の谷間がどうのこうの」とか「ヒップラインがどうのこうの」といったネタが入らず、記事も無難な内容に落ち着いてしまいます。

ケイトのシャワーシーンの1つも入れてくれれば少しは見せ場も作れたのですが…完全に相手のペースの飲まれてしまいました。次回はなんとしてもこちらの土俵に引きずり込めるような作品を持ってきたいところです、はい。