映画『P2』は実話!?グロ演出に注意!(ネタバレあり)

今回の1本は暴力描写の過激度からR-18指定となっている『映画/P2』です。

ゴア描写が苦手な人にはちょっとキツめなグロシーン有りのこの作品、なにやら「実話を元に作られた」という噂があるのですが・・・果たしてその真偽は・・・。

しかし相変わらず他の批評サイトとは一線を画すような事ばかり垂れ流す始末となりました。。。

P2


2007年 アメリカ

主なキャスト:

レイチェル・ニコルズ
ウェス・ベントリー

監督:フランク・カルフン
脚本:アレクサンドル・アジャ、グレゴリー・ルヴァスール

ネタバレ含まないあらすじ

クリスマスイブの夜、オフィスで残業をしていたアンジェラ(レイチェル・ニコルズ)は仕事を終え、地下二階駐車場(P2)へ向かう。

しかし、なぜか車のエンジンがかからない。

駐車場警備員のトム(ウェス・ベントリー)がウザいくらい親切にどうにかしようとしてくれるが、早く家族の元へ向かいたいアンジェラは「もうタクシーで帰るからいいわー」の決断。ところがどっこい、やっと到着したタクシーにも乗る事ができず。

「なんなのよーもう・・・って、オフィスの明かりまで消えるんかーい!」

泣きっ面に蜂なアンジェラは再び「P2」へと向かうが・・・

・・といった内容の作品。

語るには危険な作品

またヤバいのを持ってきてしまいました。

こういう「ちょっと頭イッてる犯人」が出てくる作品って、たいていの人が「こいつは頭がおかしい」とか「怖い、キモい」とか…決して「犯人に共感できるわぁ~」という意見がないんですよね…。

しかし同じ変人仲間の私としては「ああっ!その気持ち、わかるぞっ!!」と、そっち目線で観てしまうのです。

と、いう事で・・・おそらく100人中108人くらいが否定してくるであろう、犯人擁護目線での感想になってしまいます。

くれぐれも「映画で戯言三昧とかいうサイトでこんな事書いてたんだけど・・・絶対頭おかしいよね!」みたいな事を他所で書き込まないようにお願い致します(笑)

感じ方は人それぞれ。価値観も人それぞれなのですよ。

これってホントに実話?

「実話を元に作られた」という触れ込みの「P2」ですが、その点に関して調べてみると・・・なにやら脚本を書いたアレクサンドル・アジャ曰く「パリで実際に起こった、女性の恐怖体験を新聞で読んで…そこからヒントを得て書いたのさ」との事。

たしかに実話が脚本の「もと」にはなっていますが、特定の事件を再現しているような作品ではないようです。

しかもその女性に取材をした…というわけでもなく「新聞で読んだ」という適当さ(笑)

実在の事件はあくまでアイデアのもと。ストーリーの大半は創作のようです。

ここからネタバレを含むよ!

トム擁護団体を設立します

この作品、捕えられたアンジェラが目を覚ましてからが「さぁ本編開始!」です。

サンタの衣装を着て、テーブルも飾り付けて・・・。準備している最中、トムはワクワクが止まらなかった事でしょう。その間の彼の姿を想像するだけでほっこりした気分になってきます。

しかしその後に展開する、まるで噛み合っていない二人の会話。

せっかくトムが「食事冷めちゃってないかなぁ」「あ、ワイン飲むよね?」と一生懸命に気遣っているのに、アンジェラはまるで聞いちゃいない。

やれ「何が望みなの」だの・・・「家族が待っているから」だの・・・・ポールだの・・・(ちょっと言ってみたかっただけです。この作品にポール・ダノは出演していません)

いやいや、わかりますよ!さすがに変人の私と言えども、彼女の気持ちもわかります。まったくもって正常な反応だと思います。

しかし、アンジェラは喜んでくれるかな?素敵なイブにしたいな!…と飾り付けをしていたトムの気持ちを痛いほど感じてしまい、「このおっぱい女!ちゃんと話を聞けよ!!」と思ってしまいます(笑)

どんな手段を使ってでも、まずは彼女と二人で過ごす時間を作ろう。もしかしたら怒るかもしれないし、困るかもしれないけど・・・・・一緒に食事をして、リラックスしながら打ち解けていけば良いじゃないか!きっかけが最悪でも、そこから良い方向に発展させていけば良いじゃないか!・・・トムはそういう考えなのでしょう。

だからアンジェラが言ってくる事は全て「まぁそれは置いといて・・」なんですよね。

非常に自己中心的な考え方だとは思います。人として正しいとも思いませんし、それで相手が納得するはずがないとも思います。もちろん「意中の女性を誘うやり方」としては最悪といってもいいでしょう。

ただの勘違いの気持ち悪いストーカー野郎なのは間違いないのですが・・・どうも彼に共感できる部分が多々あり、最後の最後まで嫌いになれませんでした。というか友達になりたいくらいです(笑)

最大の見どころ

作品としてはB級な感じですので、やはりツッコみポイントは多々あります。不自然なご都合主義の展開もあります。

しかし、そんな事を全て許せるのは

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

のおかげです。

エレベーターって、そんなに水溜まるものなの?おかしくない?と疑問を感じても・・・

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

を見れば「まぁいいか」とおおらかな心になれます。慈愛の心が沸いてきます。

犬が殺されてしまって「動物に罪はないだろう!」と憤りを感じても・・・

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

を見れば、猛った心は静まります。ワンちゃんも天国で幸せに過ごせる事でしょう。

上司が車で潰されて、お腹から何がが出ちゃってるグロシーンに衝撃を受けても・・・

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

を見れば、ほっこり幸せ気分になれます。ホルモン焼き定食が食べたくなります。

こんなに何度も何度も

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

を連発していたせいで、キーボードで「レイ…」まで打っただけで「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」と予測変換してくれるようになりました。便利ですね、文明の利器って。

最後は・・だよね

残念な事にというか、当たり前にというか・・・やはりトムの想いは彼女に届く事はなく、悲しい結末となってしまいました。

せっかく中盤までは「頭おかしいよ!この人!」という不気味な魅力を出していたトムも、後半はわりと普通の悪人っぽいキャラになってしまっていたのも残念です。

さらに終盤はレイチェル・ニコルズも血やらなにやらで汚れまくりで、

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

も堪能できない状態になっており、どこに救いを求めて良いかもわかりません。

映画的には一応ハッピーエンドなのでしょうが・・・私的にはバッドエンドです(泣)

それにしてもトム役である、ウェス・ベントリーは良い顔をしますよね。

アマンダ・サイフリッドと共演した『映画/ファインド・アウト』では、この「顔」だけ目当てのような実に悲しい使われ方をしていました。

ウェス・ベントリーが持つ「いかにも怪しい面構え」を無駄に利用しただけの悲しい映画はコレだ!!

顔が顔だけに使いどころの難しい俳優ではありますが、もっと彼が見たいものです。

なにはともあれ、この『映画/P2』

安っぽいサスペンス映画としても楽しめますし、トムに共感できるような変人にもオススメです。

そして何より

「レイチェル・ニコルズの胸の谷間」

を堪能したいならば必見です。

もしレイチェル・ニコルズがお好きでないならば・・・エリザベス・オルセンはいかがですか?

彼女の胸の谷間とぶるぶるんを堪能できる映画はこちらになっています。ただし・・映画としてはちょっとアレですけど(笑)

おっぱい大好き!エリザベス・オルセンの胸の谷間を堪能したい!というならばこっちの映画を見とけ!
ただし内容はちょっとクソだぞ!(笑)