映画『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』変態コスナーでネタバレ戯言

今回の1本は『映画/Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』、ちょっと古めの作品となります。ネタバレと結末、DVD特典である未収録映像の話を含みますのでご注意を。

従来の殺人中毒者モノとは一線を画す表現が非常に素晴らしい…と個人的には高評価な映画です。ケビン・コスナーの真っ裸も見れますぞ。

Mr.ブルックス
完璧なる殺人鬼


2007年 アメリカ

主なキャスト:

ケビン・コスナー
デミ・ムーア
デイン・クック
ウイリアム・ハート
マーグ・ヘルゲンバーガー
ダニエル・パナベイカー

監督:ブルース・A・エヴァンス
脚本:ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン

ネタバレ無しのあらすじ

オレゴン州ポートランドで殺人事件が発生。

証拠を残さぬ完璧な手口と被害者の親指の血判から、2年ほど沈黙していた連続殺人犯『サムプリントキラー』の犯行と断定される。

警察も全く正体を掴めずにいいたサムプリントキラーだが、その素顔は実業家として名高いアール・ブルックス(ケビン・コスナー)。

家族を愛する紳士として生活を続けるも「マーシャル」という別人格を宿し、殺人の快楽から抜けられぬ多重人格者でもあった…。

・・・といった内容の作品。

注)予告編は英語版になります

キャストで戯言

ドドンッと大物俳優がダブルで出演し、脇にも名優が配置された本作。キャスト目当てで鑑賞する方も多いかと思いますが、またいつもの如く私はあまり好きじゃなかったりするわけで…。

映画好きの輪に入っておきながら、ケビン・コスナーを「好きじゃない」とか…デミ・ムーアを「すごく嫌い」とか言えないじゃないですか。しかしどっちもダメなんです…。こればっかりは個人の嗜好の問題なので、いくら批判されようとも白い目で見られようとも変えられない。

さらに言えば娘役のダニエル・パナベイカーもどこが魅力的なのかわからない。私にとっちゃただのブ…(以下自粛)

唯一ストライクな俳優は別人格マーシャルを演じるウイリアム・ハートくらい。あの不気味かつ飄々とした雰囲気がたまりませんなぁ。変態的な役をやらせたら天下一品のステラン・スカルスガルドにちょっと似ている気もしますし。

…というわけで、「キャスト目当て」どころか「キャストに関しては我慢して」の鑑賞となるわけです。しかし5~6回鑑賞するほど好きな作品ですよ。


ここからネタバレを含むよ!!

ネタバレ戯言

『殺人中毒』『快楽殺人』となるとハァハァしながら殺しを楽しむ『ザ・変態』といった雰囲気を漂わせる男が多いというのに、このブルックス氏ときたら…ピシッと黒衣装に身を包み、スマートに侵入し、静かに殺害し、痕跡も残さずに去る。

ちょいちょいオジサン同士で脳内会話したり自宅に帰ってから全裸で悶えてみたりはするものの、実にスタイリッシュな変態っぷり。どうせ殺されるならこういう変態に殺されてみたいものですな。

しかも単純に「連続殺人鬼と、それを追う女警官の物語」とするだけでなく、殺人中毒者としての葛藤を描きつつ、娘の問題も織り交ぜるなど実に懐の深い設定。それでいてゴチャゴチャと複雑になっていないところが素晴らしいじゃないですか。

明らかに周囲に人がいたよね?という場面であろうと、真っ昼間の大通りでバンに連れ込まれようと『目撃者はゼロだ』ってのには「ん?」となりますし、バファートに対して捜査を進める流れで「2~3回何かが光ったなぁ」→「それはカメラのフラッシュよ。やっぱり撮影していたのね」ってのも「いやいや!ガラス越しに撮影するのにフラッシュ焚くアホいないから!」とツッコミたくなりますけど…まぁ良いじゃないですか。

あえて苦言を申すとすれば『娘も快楽殺人者としての性質を継いでいる』という部分、必要だったかなぁ…と個人的には思います。

殺人中毒であることの葛藤を抱え、自らを殺させる事でケリをつけようとしたものの…やっぱりやめました!で終わりでも良かったのでは、と。

どうやら本作は続編を意識して制作しており、この後に続く物語では娘が主となる予定だったらしいので…そのへんのフリだったんでしょうな。出ませんでしたけどね、続編。。。

DVD特典映像

この『映画/Mr.ブルックス』、特別編DVDには映画本編ではカットされた未収録映像もオマケとして入っています。

内容としては「うん、入れなくて良かったね」という部分が大半。しかしトレーシー(デミ・ムーア)に彼氏がいる設定だったのは驚き(笑)

しっかりとベッドシーンまで撮影していたにも関わらず、その存在すら消されてしまった彼氏クリスが可哀想でもあります…。俳優は誰なんでしょう、ちょっとわかりませんでした。

気になる方はDVDを購入するか、私の家まで借りに来て下さい。

個人的な戯言感想

過剰な演出は排除しつつスマートかつシンプルにまとまった物語は非常に見やすいですし、ケビン・コスナー演じる殺人鬼も淡々としながらも不気味さと変態性はしっかり表現。自らの多重人格や殺人中毒に関する葛藤もグダグダと大げさにしていないところが実に良い。

もっと生々しいほうがいい!これじゃあっさり味すぎる!と感じる方もいるとは思いますが、私はむしろリアル感があって良かったです。もちろんそういう「いかにも!」といった感じの変態連続殺人鬼も大好物ですけど(笑)

なにはともあれ…あまり好きではないケビン・コスナー&デミ・ムーアが出演していながらも、しっかりDVDを購入して「私の好きな映画100選」に入りそうな勢いの本作。個人的にはオススメの1本です。

残念ながらお色気シーンは少なめですが、その代わりにケビン・コスナーの生尻が見れますので…ケビン好きの女性&一部の男性にはたまらないかと…。