映画『シティーハンター』実写!この評価ならば続編もあるのでは!?

あの「シティーハンター」をフランスで実写化した迷作『映画/シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』でネタバレ含む戯言を。これがまたあっちでもこっちでも高評価なうえに、「ぜひ続編を!!」との声まで挙がる始末。

パッと見、トホホなC級作品にしか見えないこの映画。ところが意外に傑作だったりするわけです。

シティーハンター THE MOVIE
史上最香のミッション


2019年 フランス

キャスト:
フィリップ・ラショー
エロディ・フォンタン
タレク・ブダリ
ジュリアン・アルッティ
ディディエ・ブルドン
ジェロム・レ・バンナ

監督:フィリップ・ラショー
脚本:フィリップ・ラショー

原作は北条司の漫画『CITY HUNTER』

ネタバレ無しのあらすじ

かなりの女好きではあるものの、探偵・ボディガード・殺し屋まで請け負う名うてのスイーパー、冴羽遼(字幕版での名はニッキー・ラーソン。俳優はフィリップ・ラショー)と、その相棒を務める槇村香(字幕版ではローラ・マルコーニ。俳優はエルディ・フォンタン)。

今回彼らに舞い込んできた依頼は、その香りを嗅いだものを虜にしてしまう『キューピッドの香水』を守るという役目。

…だったのだが、何者かの襲撃により早々にキューピッドの香水は奪われてしまう。しかも二人は香水の効果を試していた最中で、48時間以内に解毒剤を使用しないと効果は永遠のものに。

果たして無事に香水を奪還できるのか!?

・・・といった流れで、過剰なまでの『シティーハンター愛』を感じる作品。

海外実写化で戯言

日本の漫画を海外で実写化!!…と聞くと、どうしても『アレ』が頭に浮かんでしまい嫌な予感しかしない方も多い事でしょう。

ええ、そうです。アレです。

当時人気絶頂だった国民的マンガをハリウッドで実写映画化してみれば、歴史に残る産業廃棄物が出来上がってしまった…というアレです。

↑アレ

見ましたか?私はあまりのつまらなさに初回は途中で鑑賞をやめ、後日再チャレンジするもやはりダルくて途中停止。再々チャレンジでどうにか完走しました。もちろん評価は「クソ以下」で、ネタとして見る以外に価値を見出だせません。

これは海外制作だけに留まらず日本国内で実写化する際にも言える事なのですが、『原作のキャラや設定をベースとし、独自の設定や表現を盛り込む』という実写化スタッフの余計なやる気は、原作のファンとしては基本的に蛇足。

その点、今回の『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は実に素晴らしい。監督・脚本・主演を務めるフィリップ・ラショーは幼少期からの熱烈なシティハンターファンというだけあり、美術もシナリオもセリフも演技も、ほぼ原作の雰囲気そのまんま。

『この人気作を、私の表現でさらに魅力的な作品にしてやろう』などと勘違いした監督の手にかかると自己満足のクソ実写になりがちですが、フィリップ・ラショーはあくまでも『シティーハンターという作品の魅力を忠実に伝える』という役目に徹している。結果、実に完成度の高い作品が生み出されたわけです。これは国内における実写化でも見習っていただきたいですな。

ちなみにこの『シティハンター』という作品はコレが初の実写化というわけではなく、過去に中国と韓国で実写化されています。

こちらが1993年、香港で実写化されたシティーハンター。主演はジャッキー・チェンで、なんと後藤久美子も共演。

嘘か本当か「ジャッキー・チェンって、シティーハンターの冴羽獠に似てるよね?」というどうでもよい話から実写化につながったらしく、中身もまさにどうでもよい仕上がり。『設定は原作通りだけど中身はほぼ別モノ』という、実写化の王道とも言える映画に仕上がっております。

そして韓国のほうはというと…

ぐえー。パッケージからすでにサランヘヨな雰囲気ですな。2011年から全20話でドラマ化された作品となります。

こちらは中国版以上にヒドく、登場人物から設定に至るまで全くの別モノ。もはや「たまたまタイトルがカブっただけ」のレベルで、シティーハンターへの愛など欠片も感じられない作品です。

デラックスすぎる吹き替え版

本作の吹替版は単なる吹き替えではなく『デラックス吹替版』と銘打っているだけあり、非常に豪華。

日本アニメ版で冴羽獠と槇村香の声優を務めた「神谷明と伊倉一恵」から「山寺宏一と沢城みゆき」に変更されているものの、神谷さんも伊倉さんもスペシャルゲストとして登場。

さらに字幕版では特に笑いのなかったセリフを「らんま1/2」や「キャプテン翼」など、日本の有名漫画を匂わせる独自セリフに変えている部分が多数あり、笑いの面でもデラックス。

さらにさらに、アニメ版シティーハンターのファンだった方には外せない「GET WILD」をエンディングテーマに変えてくるという神仕様。終幕際にイントロが流れてくるだけで、嫌でもテンション上がってくるじゃないですか。

私は洋画は死んでも字幕派。吹き替えは見ていて萎えてくるので大嫌いなのですが、今回は『字幕版』と『デラックス吹替版』両方を鑑賞してみました。

やはり純粋に『映画』として見れば、日本人声優の芝居がかった演技はうんざりしてきますし、字幕で読んだほうがセリフもストレートに入ってくる。しかし前述したネタ要素の追加やエンディングのゲットワイルドが素晴らしすぎるため、甲乙つけがたいところ。

正直この映画だけに関しては、人に薦めるならば圧倒的に吹き替えのほうがおすすめと感じました。
(個人的にはやはり字幕のほうが良いですが)。

続編は?

フランス本国では高評価、そして日本でもここまで評価が高いとなると、どうしても『続編』に期待する人も多いかと。

冴羽獠の吹き替えを担当した山寺宏一氏も「ぜひパート2ができたら良いなと思っています」と意欲を示しているものの、残念ながら今のところ続編の情報は全く無し。

ただし、フィリップ・ラショーが弟と共に来日した際の会見で「続編を作るならば『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』(2019年・日本で公開されたアニメ映画)を意識したい」とコメントするなど、続編制作を視野に入れている様子が伺えます。

原作者の北条司氏を含め、日本のシティーハンター関係者も口を揃えて絶賛していますので、続編もありえるのではないかと…。

個人的には「ちょっと売れるとすぐ続編の話」という風潮は嫌いですし、せっかくの完成度の高かった良作を続編で台無しに…というパターンが多いため、あまり賛成はできませんけど。

個人的な戯言感想

…というわけで、ぶっちゃけ私は「シティーハンター」があまり好きではないのですが、それでも非常に面白かったこの『映画/シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』

もちろんコメディとしても「面白い」と感じましたが、それ以上にこの監督の「シティーハンター愛」に感動し、表現や脚本の秀逸さにただただ感心してしまいましたよ。脱帽です。

「香役の女優さんがブ…いえ、ちょっとアレかな…」とは思いましたが、この方(エロディ・フォンタン)は主演フィリップ・ラショーとプライベートでもパートナー関係らしいですぞ。

うむ、それならば仕方ない。末永くお幸せにどうぞどうぞ。私は遠慮しておきますので。

…っと、1つ言うのを忘れていました。

なんと本作には格闘技好きならば知らない人はいないであろう、ジェロム・レ・バンナも出演しております。

©AXEL FILMS PRODUCTION

いやー、いきなり登場してきた時はそりゃもう衝撃でしたよ。歳とったねぇ、レ・バンナ。