映画『ヒューゴの不思議な発明』高評価らしいがつまらない…

昔から子供が主役の映画は大の苦手なのですが…今回選んだのは『映画/ヒューゴの不思議な発明』です。ベン・キングズレーとジュード・ロウが目当てだったものの、残念ながらジュード・ロウは短時間しか出てきませんでした・・(笑)

そしてなにかと人気のクロエ・グレース・モレッツも出演していますが、私としては彼女は『映画/キックアス』が絶頂期。キックアス2ですでに怪しい雰囲気を放ち始め、その後は・・・(以下自粛)

ヒューゴの不思議な発明
(原題:Hugo)


2011年 アメリカ

主なキャスト:

エイサ・バターフィールド
ベン・キングズレー
クロエ・グレース・モレッツ
サシャ・バロン・コーエン
レイ・ウィンストン
エミリー・モーティマー
ヘレン・マックロリー
クリストファー・リー
ジュード・ロウ

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジョン・ローガン

原作はブライアン・セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」

ネタバレ無しのあらすじ

1930年代のパリ。

ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は父が遺した壊れた機械人形と駅の時計台の中で暮らしていた。

どうにか機械人形を修理しようと苦闘していたヒューゴは駅構内にある玩具店から部品を盗もうとするも・・・店主であるパパ・ジョルジュ(ベン・キングズレー)に見つかり、修理のための大事な手帳を取り上げられてしまう。

どうにかして手帳を取り戻そうとするうち、ヒューゴはジョルジュ夫妻の養女イザベル(クロエ・グレース・モレツ)と知り合い、仲良くなっていく。

共に機械人形を復活させようとする二人だが、そこには驚愕の事実が秘められていた・・・

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

冒頭でも書きましたが、ジュード・ロウの出番が・・・。

もはや「彼を使わなくても良かったんじゃないか」とすら思えるチョイ役っぷり。最後の最後に回想とかで出るかなーとも思ったんですが、一切出ませんでした(笑)

それ以外にもベン・キングズレーヘレン・マックロリーエミリー・モーティマーなど…個人的に好物俳優が多数出演しているのが非常に嬉しいです。

…が、これ言っていいんかな…。あくまでも個人の感想ですよ?

主演のエイサ・バターフィールド、どう思いますか?え、可愛い!?…そうですか・・・・。

私、彼は全然可愛いと思えません。。。

可愛げが無いとか、表情がムカつくとか、そういう印象の話ではなく・・・単純に顔が可愛くないです(笑)

許せないほどではないので我慢しましたが、けっこうギリギリなツラでした。

ものすごい絶賛…しかし…

個人的には全くアテにならない、米国大手映画批評サイトRotten tomatoesでの評価は・・・なんと95%。10点満点中、8.4点という稀に見る高評価です。

うーむ・・・これ、ジョルジュ・メリエスの話だという事が影響していませんか?

映画通を気取っている人間としたら「特撮映画の父」とまで呼ばれるジョルジュ・メリエスのフィルムが流れ、彼の人生を描いている作品を「クソ呼ばわり」はできませんよね。。。

ホントはよくわからんクセに、ピカソの絵を見て「素晴らしいっ!」とか言うような・・・

古典的な芸術に関するものって、「みんなから賞賛されている作品」はとりあえず褒めとけ、みたいな風潮ってあるじゃないですか。そういうものを貶したり、評価しないでいると「芸術がわからないんだね」と見下されてしまったりするので、プライド高い人間ほどわかったフリをする…的な。

こういった映画批評系サイトでも、評価が非常に高い作品に関してミソクソに書くと強烈に批判されますし(笑)

いいじゃないか!感性は人それぞれなのだから!…と、いつも思います。

という事で・・・この『映画/ヒューゴの不思議な発明』も、なぜそこまで絶賛されるのかがわかりませんでした。

クソとまでは言いませんが、私としてはつまらない部類に入ってしまいます。。。


ここからネタバレを含むよ!!

あまりにもアレレな展開が・・

とにかく適当というか・・・雰囲気重視で、細部がおざなりというか・・・。

あれほど序盤のカギとなっていた「手帳」も、途中からブン投げっぱなしです。

手帳をパパ・ジョルジュに取り上げられ「返して欲しければ店を手伝え」という流れになっていたはずなのですが、その後ヒューゴは店を手伝いながら同時進行で機械人形をどんどん修理していきます。

あれ?修理するのにあの手帳が必要だったんじゃ・・・。

もしかしてアレですか?手伝い初めて早々に返してもらったんでしょうか。それにしてはその描写がありませんでしたし・・・。というか、手帳の件は店を手伝い始めて以降は一切出てきません(笑)

ハートのカギが線路に落ちている(という夢)のシーンで、地面に刺さっていたはずのカギがなぜか線路に降りた時には枕木の上に置いてある…というのもアレレ感がありましたが・・・そこは夢なのでOKと納得できました。

しかし「鉄道公安官に追われたヒューゴが、時計台の針にぶら下がる」という見せ場とも言えるシーンは・・あまりにもヒドい。

針にぶら下がり、少しづつ先のほうへ移動していくヒューゴ。

あぶないっ!あぶないっ!と、観ているこっちもハラハラドキドキするシーンでもありますが、針を伝っていった彼がどうするかと思ったら・・・普通に下(時計の盤面フチ)に降りただけ。

「針の先っちょのほうにぶら下がる事でやりすごした」と思いたいのですが、結局は窓のすぐ下の位置でしゃがんで鉄道公安官をやり過ごしています。そしてモゾモゾとまた窓から戻っていく。。。。

おいおい!あんなに必死に針を伝った意味は!?

あれなら最初から窓の下のフチにすとんと降りれば済んだ話では。。。

とりあえず盛り上がるシーンをぶっ込んでおきながら、その意味はスッカスカという・・・ただ見た目重視なだけのシーンに感じてしまいました。パッケージにまで使われているシーンなのに…。

ヒューゴの発明でもなんでもない

機械人形の修理を終え、ハートのカギも手に入り、さぁいったいこの機械人形はなんぞや・・・と思いきや、描いたのは月にロケットが刺さっている絵。

最初は字っぽくバラバラに書いておいて・・・しばらく止まった後に一気に描き上げるというのも「映画的な演出」で片づけるには不自然すぎますが…まず第一にあの人形が万年筆で絵を描く時点でアレですので、流しましょう。

そしてそこから物語は急ハンドルを切り、映画の話になっていきます。

最初はてっきり時計台とか発明とかそういう物語なのだと思っていましたが、全然関係ありません。いちおう「ヒューゴとイザベルが二人で映画を見に行く」「ヒューゴパパが観たという映画の話(月にロケットが刺さる映画)」という含みはありましたが、伏線と呼べるようなものでもありません。

「発明」に関しても、パパ・ジョルジュ(ジョルジュ・メリエス)が、映画の特撮技法を発明した・・・という点ではたしかに発明なのですが…決して「ヒューゴの」不思議な発明ではありません。

ヒューゴは最初から最後まで何も「発明」はしていませんので、もはやこの映画のタイトルは『パパ・ジョルジュの不思議な発明』でも良かった気がします(笑)

ちなみに後半は話の流れを全て攫って行くパパ・ジョルジュことジョルジュ・メリエス。

この方は「特撮映画の父」と呼ばれていた実在の人物で、作品中に描かれる彼の人生も、実在のジョルジュ・メリエスと共通する部分が多数あります。

3D押しの雰囲気重視作品…

この『映画/ヒューゴの不思議な発明』は3D作品という事もあり、それを意識した演出やカメラワークがこれでもかと使用されています。

ダメとは言わないんですが、3Dありきの作り方ってどうかと思うんですよね…。「はいはい、飛び出させるための演出ね…」というシーンを多用されると、ちょっぴり萎えてきます。

大好きだった『映画/ソウ』シリーズも、『ソウ3D』が出ると聞いた時は観る前に萎えました。。。

そんなこんなで、ものすごい絶賛を受けている『ヒューゴの不思議な発明』ですが、私の感想は…

雰囲気重視、演出も寒い、途中からパパ・ジョルジュの話に変わって、着地もジョルジュ。

という、なんとも微妙な作品でした。。。