映画『ON AIR/殺人ライブ』ネタバレ以前に字幕がっ!

今回選んだ1本は、B級映画と呼ぶのもためらわれるC級作品。『映画/ON AIR 殺人ライブ』です。これがまたイロイロな理由から、かなり解釈に苦労する内容で・・・。ネタバレ記事と呼ぶのもためらわれます。まさにC級感想記事になってしまいました(笑)

そして邦題もひどい。もはや詐欺タイトルです。

ON AIR/殺人ライブ
(原題:RADIO SILENCE)

2013年 ドイツ

主なキャスト:

マルクス・クヌーフケン
チャールズ・レッティンハウス
ロナルト・ニットシュケ
ヤスミン・ロート
ヴォルフガンク・パンペル

監督:カーステン・ヴォース、マルコ・J・リードル
脚本:マルコ・J・リードル

ネタバレ無しのあらすじ

自宅で海賊ラジオを配信しているドック・ロック(マルクス・クヌーフケン)。

ある晩、巷を騒がせている殺人鬼・ナイトスラッシャー (チャールズ・レッティンハウス) をネタにトークを繰り広げているその最中、なんとナイトスラッシャー本人から電話があり「今から女を殺す。放送時間内にオレを止めてみせろ。放送は止めるな」と告げられる。

最初はタチの悪いイタズラかとも思ったが、話しているうちに本物であると確信したドック。どうにか犯行を止めようと会話を続けるのだが・・・。

・・といった流れのはずなのに、余計なくらいに押し込んでくる謎シーンと、あまりにもひどい吹き替えのせいで全然内容が入ってこない。え?え?ちょ、ま。

・・・といった内容の作品。

注)動画は予告編ではなく本編冒頭カット版になります

Why japanese people!!

とにかく「どうして日本人って、アレもコレも下手クソなんだよ!」・・・と嘆きたくなる作品です。

何がヒドいって、まず邦題がヒドい。『ON AIR』で止めれば良いじゃないですか。なぜ余計に『殺人ライブ』なんてつけちゃったのよ。

そのタイトルから、内容を勘違いして鑑賞を始めちゃった人が大量にいることでしょう。…いや、この映画を観た人自体そんなにいないかもしれませんけど…。

たしかに生放送中に殺人犯と電話で繋がり、犯行現場の音声がラジオ電波に乗ってはいますが・・・決して『殺人』を『ライブ放送』しているわけではありません。放送しているのは犯人の気持ち悪い声と、ドックが喚き散らす声と、キャーキャー言う悲鳴。あと電動ノコギリのシャーシャー音のみ。全然『殺人ライブ』ではありません。(いちおう、あっさり風味で1人殺されてはいますが…)

『殺人』ではないものの、本当の意味で『死』の生放送を題材としている映画はこっちだ!!

さらに邦題よりも罪深いクソっぷりが・・・

どうして吹き替えなのよ!!

私はU-Nextで本作品を視聴したのですが・・・冒頭、女性が車を運転しているシーンで「あれ?なんか吹き替えっぽい音響だな・・」と違和感を感じ・・・しゃべり始めてみればやっぱり「日本語」でした。

あれれ?なぜ?字幕に切り替え・・・られない。字幕がないっ!(泣)

吹き替えで洋画を観たのなんて20年ぶりくらいです。子供の頃にテレビでやってた洋画以来ですよ。

どうしてこんなに洋画の吹き替えってイモ臭いんでしょう。邦画はもちろん日本語で十分楽しいですし、アニメだって楽しめます。しかし洋画の吹き替えは、独特の「芝居がかった話し方」が非常にカッコ悪く、昔っから大嫌いです。。。

ここからネタバレを含むよ!!

謎解き

とにかく次々にぶっ込んでくる「謎要素」の数々。

ものすごく混乱する作品ですので・・・作品を最後まで鑑賞し全てがネタバレたうえで、ちょっと時系列を整頓してみます。

1)まずナイトスラッシャーがメリッサ(冒頭、車内で唄っている女性)を殺害。次にタラ(警官ブリックスの娘)を拉致し、彼女の車を奪ってトランクにメリッサを詰める。

2)そしてブリックスにメリッサの尻(サソリのタトゥーと中指)の写真を送り・・・タラの車が発見されて、ブリックスがトランクの死体を発見する。

それと同時に、タラと連絡が取れた同僚によると「ローズに車を貸した」との事なので「この死体はローズだな!」です。

3)そして車の下にあった手首で近くにあった廃屋に誘導され・・・そこにはつぎはぎの死体とメッセージ。そのメッセージから、死体女性の〇〇〇の中にあった身分証明を発見し「ローズじゃない!メリッサだ!」「じゃあローズって誰やねん!」の流れになったかと思いきや・・・

4)なぜか車内にあった文字ブロックを使ってローズの名前をアナグラムでいじくってみたら「Der Scorpion」となったために「狙われているのはスコーピオンの娘だっ!」となり・・・

5)急いで車を走らせながらラジオを聞いているブリックス。ナイトスラッシャーの言葉にピーンときて再度トランクを確認すると…タラから送られてきた写真はローズの尻で、タトゥーもペイント。むむむ?ナイトスラッシャーがタラの携帯からこの写真を自分に送ってきたという事は・・・「拉致されているのはタラだっっ!!」です。ここでとりあえず一段落します。

このへんはポンポンと展開されるので、謎を考えている暇もありません(笑)

おそらくタラの車にメリッサを詰めて、廃屋の近くに停めた時点で「タラはすでにドック・ロックの家」に監禁されているものと思われます。

どうも腑に落ちないのは「アナグラムからのスコーピオンのくだり、必要?」です。結局のところブリックスの勘違いという事ですよね?

ミスリードとするにはあまりにも撤回が早すぎて、あまり意味がないような気がしました。。。

ついでに犬も不要な気がしました(笑)

犯人の行動が・・・

頭のイッてるサイコさんの行動を理屈で説明しよう、というのがそもそも間違いなのですが…

いちおう彼は死体をつぎはぎして完成させようとしていたはずなんです。…が、謎解きの一環としてそこに警察を誘導してしまいました。これじゃ、せっかくの作品が完成を待たずして警察に回収されちゃいますよね。。。いいの?

ものすごく「緻密に練りこまれたシナリオを作りたい」という気持ちは伝わってくるのですが、いかんせん強引すぎる展開と、何を言っているのかわからない「おかしな吹き替えのセリフ」のせいで全然入ってきません(笑)

しっかり日本人向けにセリフを再構築せず、そのまんま直訳でセリフにしてしまうと「わけわからん会話」になってしまうんですよね・・・。

ドック・ロックの家だった!?

イロイロどんでん返しを盛り込みすぎな作品ですが、なんといっても最大の山場は「殺人鬼ナイトスラッシャーが犯行をおこなっていたのは、ドック・ロックの自宅だった!」ではないでしょうか。

奥さんがあまりにもずーーーーーっと風呂に浸かって音楽聴いていたのも、物音や悲鳴に気づかなかった理由付け…という事で成立しています。娘と会話していた端末で…というのも、ちょっとツッコミたい気持ちはあるものの悪くないです。

さらには娘がすでに手懐けられており、前半に出てくる「チャーリーにもらった」というチョコレートの部分まで回収してくるとは・・・侮りがたし。

伏線の張り方はすごく良いんです。なんか腑に落ちない気持ちもありますが、C級映画としては素晴らしいシナリオです。あくまでも「C級映画としては」ですよ。

最後まで混乱・・・

とりあえずナイトスラッシャーが捕まり、ドック・ロックはタラを乗せて病院へ。

・・と思いきや、ブリックスはナイトスラッシャーの下らない罠にハマってチーン。ふははは、悪は滅びず!でエンドです。

これで終わったとしても少し頭が混乱しているというのに、エンドクレジットを少し挟んで…さらにどんでん返しを入れてきます。…いやいや、もういいよ!(泣)

ドック・ロックが「レイプされている女性を見た」と話していた事・・・実はドック自身の犯行でした。それをナイトスラッシャーに目撃されてしまい、今回の事件に巻き込まれた(というか自業自得)、と。

ここの「ドック・ロックの犯行を覗いていたナイトスラッシャー、そしてドックの娘のくだりの回想」は、それはもう意味不明な吹き替えになってしまっていて・・・私の頭では補完できませんでした。

というか・・・とにかく全体的にセリフ(の翻訳)がヘタクソな点と、嘘くさい喋り方のせいで全然内容が入ってきません。

ここまで整頓して考察書くのも、それはもう大変でした。勘違いしている部分も多々あると思います。申し訳ないっ。

とにかくもう・・・

二度と吹き替えで洋画なんて観たくねぇようっ!気持ち悪いようっ!