映画『ミッション:8ミニッツ』感想・解説・ネタバレと戯言

今回は…久しぶりに好きな映画を引っ張り出してみよう!という事で選んだ1本『映画/ミッション:8ミニッツ』です。

ちょっと古めの作品ですが、ホント好きなんですよね…これ。

ジェイク・ギレンホールにハマりかけていた頃に鑑賞し、どっぷり彼の魅力に引き込まれた作品でもあります。

ミッション:8ミニッツ
(原題:Source Code)


2011年 アメリカ

主なキャスト:
ジェイク・ギレンホール
ミシェル・モナハン
ヴェラ・ファーミガ
ジェフリー・ライト
マイケル・アーデン

監督:ダンカン・ジョーンズ
脚本:ベン・リプリー

ネタバレ無しのあらすじ

シカゴ近郊で乗客全員が死亡する列車爆破事件が発生。

その犯人を特定して連続爆破テロを阻止すべく、人間の脳に記録された『死の直前8分間』を再現・体験するプログラムを使って、被害者の1人であるショーンの『爆発8分前』の意識に送り込まれたスティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)。

何度も何度も8分間を繰り返しながら犯人を捜し続けるスティーヴンスだが、やがて任務を超えたある想いが芽生え始める…

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

まずは何はなくともジェイク・ギレンホールです。

「ジレンホール」のほうがアメリカでの発音に近いそうですが、当ブログではいつも日本で馴染み深い「ギレンホール」のほうで表記しています。あちらでも非常に珍しい苗字ですが、本当の発音はかなり異なるらしく…カタカナで表記すると『イェレンフーレヘイ』のような感じになる・・・というのをどこかで聞いた気がします。

キテレツなキャラを演じる事の多い彼ですが、私が選ぶ最高のギレンホールは『映画/バブルボーイ』(日本未公開・未DVD化)と『映画/ナイトクローラー』、さらに『映画/ブロークバック・マウンテン』、そしてこの『映画/ミッション:8ミニッツ』になります。いや、もっとあるか…。

そしてヒロイン的存在のミシェル・モナハンは…ファンの方には申し訳ない、私はあまり好きではないんです…。

あのクソ生意気なツラを見ていると鼻フックかけて引きずり回してやりたくなります。本作ではわりと魅力的な役柄なので許せる範囲ですけど。

それよりも魅力的なのがヴェラ・ファーミガ。序盤は比較的冷酷に任務に勤しむ彼女が、徐々に人間味を感じさせてくるのはとても良かったです。

その珍しい苗字から想像できる通りタイッサ・ファーミガの姉らしいのですが、ずいぶん歳が離れすぎている気が…。

いやいや、調べてみたら7人兄弟なんですね、この人たち。ヴェラが2番目でタイッサが末っ子だそうな。歳の差は21歳。もはや親子ですな。

短い尺でテンポ良い展開

この『映画/ミッション:8ミニッツ』は約90分の作品になります。

最近は比較的短めの作品が多くなってきましたが、有名俳優を起用しているという点と、2011年作品という点を考えれば…やはりコンパクトな映画と言えるでしょう。

しかし決して短さを感じさせないボリューム感がこの映画にはあります。

ダラダラした中だるみは無く、だからといって詰め込みすぎでもない。やや複雑な設定でありながらも、スムーズに謎を紐解いていってくれる上手な展開なので、置いてけぼり感もありません。

ラストに関しては意見が分かれるところですが…私個人としては、十分にアリだと感じました。


ここからネタバレを含むよ!!

過去を変えるのではなく…

何度も過去に戻りつつトライ&エラーを繰り返す、いわゆるタイムリープ系になるのですが…その手の作品のほとんどが『過去に干渉する事で、現在(未来含む)を変える』が目的であるのに対し、本作品は『すでに起きた出来事なので、そこで何をしても現在(未来を含む)は変わらない。しかし未来を変えるためのヒントを得る』という所が非常に面白い。

決して過去に戻っているわけではないんです。過去に起きた事を追体験しているだけ。しかし、自分の意思で周囲に干渉することができて、その反応がしっかり返ってくるという…けっこうブッ飛んだ設定です。

私だったらおそらく、周囲の女性乗客を手当たり次第に揉んだりパンツ脱がせたりします。何度も何度もその『8分間やりたい放題』をループで楽しみ続ける事でしょう(笑)

もちろんこのへんの設定は、あーだこーだと屁理屈こねてツッコもうと思えばいくらでも揚げ足は取れると思いますが、所詮SFなんて「いかにも理屈が通ってそうであっても、あくまでも空想世界の出来事」ですから。

そこで「おかしくね?」と引っ掛かりを感じさせるか、素直に設定を飲み込める流れを作れるかが、SF作品の力量の見せ所ではないかと。

これはSF作品だけに言える事ではなく、サスペンスであってもヒューマンであっても『面白い!』が『おかしくない?』を上回っていると、細かい事は気にならなかったりするんですよね。

ところが物語に魅力を感じないと、些細な事までいちいち引っ掛かってしまったり。

この映画も細かい部分で「あれれ?」という点はあるのですが、私は素直に映画の流れとして受け入れる事ができました。

8分後…

この物語の最大の見せ場とも言える『8分後の世界』ですが…ココはアレコレと解釈が分かれたり、評価が分かれる部分でもあると思います。

ここでまさかのパラレルワールドですから(笑)

それまでの『あくまでも過去に起きた出来事のシミュレーション』という枠を飛び出して、こちらの世界とは別の流れを持つ平行世界として『彼の行動によって歴史が変わった世界』が存在していくという…。

彼はその世界でショーンとして生きていき、その世界のコルター(まだボックスに入って出番待ち)は、その後発生する重大な危機で出番があるのでしょう。もしかしたらそのミッションで再び別の平行世界を生み出し、そちらで生きていくかもしれません。

こんな非現実的なエンドにされるのならば、もっと切ない終わり方のほうが良かった。8分で静止したあの世界のままエンディングを迎えたほうが良かった・・・という意見もあるかと思います。

私も、それでも良かったと思います。

しかし・・・このコルターにとっても、そして鑑賞者にとっても救いのある終わり方も悪くないと感じました。

私は『映画/ミスト』のような救いのないバッドエンドが好きな人なので、基本的にこういう『綺麗ごとエンド』は大っ嫌いなんですけど(笑)

このへんはジェイク・ギレンホールの迫真の演技によるものかな…と。コルターが必死になっているのが痛いほど伝わってきますので、なんとか彼に救いの要素をあげたい…と思ってしまいます。

本当は違う顔なんだよね…

人によって評価は違えど、概ね高評価を得ている本作品。

90分でサクッと見れるのに、十分な満足感を得られる良映画だと思います。

もしまだ未鑑賞の方がいればぜひご覧になってみて下さい。ネタバレを知った後からでもイケる映画ではないかと。

しかし…アレですよね。我々はジェイク・ギレンホールの顔で見ていますから、活躍する時もクリスティーナを口説く時も『かっこええなぁ…』と感じるのですが・・・あの世界では彼は違う人の顔なんですよね。

ちょっと俳優さんはわかりませんでしたが、鏡に映った姿を見ると…決してカッコ良いキメセリフが似合うようにも見えませんし、クリスティーナが惚れるという流れも似合わない気が…(笑)