映画『ザ・ボルト/金庫強奪』ネタバレを読む価値も無し…

今回の1本はクリント・イーストウッドの娘、フランチェスカ=フィッシャー・イーストウッド主演の『映画/ザ・ボルト -金庫強奪-』です。ネタバレ含む記事になりますが…ぶっちゃけそんなのはどうでもいいような映画ですので、あまり気になさらずに読んでいただいて大丈夫かと。

そうなんです。最初に言ってしまいますが、クソつまらなかったんです。。。

ザ・ボルト -金庫強奪-

2017年 アメリカ

主なキャスト:

フランチェスカ=フィッシャー・イーストウッド
タリン・マニング
スコット・ヘイズ
ジェームズ・フランコ
クリフトン・コリンズ・Jr
クオリアンカ・キルヒャー

監督:ダン・ブッシュ
脚本:ダン・ブッシュ、コナル・バーン

ネタバレ無しのあらすじ

多額の負債を抱えてしまった弟マイケル(スコット・ヘイズ)を助けるため、二人の姉リーア(フランチェスカ=フィッシャー・イーストウッド)とヴィー(タリン・マニング)は犯罪チームを作り銀行強盗を決行する。

首尾よく金庫を開けさせる事には成功したが、中に入っていたのはたった7万ドル。。。

呆然となるマイケル達だが、人質の一人となっていた業務部長エド(ジェームズ・フランコ)から「地下金庫に600万ドルある」と告げられる。

しかし、地下には犯人達の想像を超えるものが待っていたのだった…。

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

この映画を俳優を理由としてチョイスした方のほとんどが、ジェームズ・フランコもしくはフランチェスカ=フィッシャー・イーストウッドだと思います。たぶん。

同じく私も俳優チョイスではあったものの、目当てはクリフトン・コリンズ・Jrでした(笑)

もうちょい脇な役柄かと思ったら序盤からけっこうセリフもあるし「お?お?今回は主要キャラ!?」と期待したのですが・・・結果的にはやっぱりチョイ役でした(笑)

そもそもジェームズ・フランコなんて「ああ…なんかそういう人、いたよね」といったレベルの認識ですし、クリント・イーストウッドの娘に関しては輪をかけて興味がありません。

異母兄のスコット・イーストウッドといい、この人といい、『クリント・イーストウッドの子!!』という謳い文句で映画の主演をするというのはどうなんでしょう…。私としてはやめたほうが良い気がするのですが…。

書くことが…無い…

私は映画を観る際にはレポート用紙を片手に鑑賞し、随時思った事などを走り書きしておいて、後からそれを基にこうやって感想などを書いているのですが…。

今回、鑑賞を終えて見てみると、出演者の名前以外で書いてあるのは・・・3行。たった3行の短い文章だけでした(笑)

あれれ?先日鑑賞した最高のクソ映画『バニー・ザ・キラー』ですら、けっこうびっしり書かれていたのに…

しかもその3行というのが、

「あれ?そういえばクリフトン・コリンズ・Jrは?」
「いろいろわかりづらい」
「うーん・・・」

で終わりです。いったいコレで何を書くつもりだったのでしょう、私は。

ホント、そのくらい何も書くことがなかったんです。

驚きの展開もありませんでしたし、頭を使うような要素もありません。結局最後までアレコレと謎は残っていますが、考察できるような事柄ではありませんし…なにより考察したいとすら思えません。

ホント、何も残らない映画でした…。

注!)映画の感想は人それぞれです。人によっては「面白い!」と思えるかもしれませんので、あくまでも個人の意見として…です。


ここからネタバレを含むよ!!

超スーパーナチュラルな置いてけぼり

私は鑑賞前に『スーパーナチュラル系』と知ってのうえで鑑賞したので、途中からグイッとそっち方向に曲がっていく展開はすんなり受け入れる事ができました。

ちなみに『スーパーナチュラル』とは超自然、すなわち超常現象・超自然現象系という事で、幽霊などの心霊現象・オカルト的な要素を指します。

アメリカでヒットしたテレビドラマのタイトルに使われていた事から、映画でもジャンルの1つとして使用されるようになりましたが…こうやって次々と新しい用語が生まれていくのは年寄りにはキツいです。。。

・・・と、いう事で。

この映画は『犯罪スリラー』からジャンプして、『オカルトホラー』に着地する作品になります。

しかしここがまた、なんとも言えないところでして…。

業務部長エドは、実は過去の事件の被害者(の幽霊)だった!

…というのは良いんです。なかなか悪くないんです。

それ以外の被害者の霊も、まぁ別に良いんです。ちょっとベタな描写でげんなりする事はありますが、そういうものだと思えば納得できるんです。

しかしっ!『仮面の男』がわからない。。。

過去に起きた事件の犯人、というのはわかるんです。そして現在に至るまで逮捕もされていないし、正体もわからない。そこまではいいんです。

最後の最後、ボンネットを閉めたヴィーの背後に『仮面の男』が迫っているところで物語は幕を閉じるのですが・・・まだ生きていたって事?でも、銀行地下で幽霊の中にこいつも混ざってたよね?あれれ?

これ、地下の幽霊の中に混ざっていないのであれば『まだ生きていて、犯人グループを狙った』で納得はいくんです。いや、明確な理由付けが不明なので納得はいきませんけど、そういうもんだとして流せるんです。

しかし・・・銀行内で被害者の幽霊と一緒に出てこられているので『もう死んでいて、亡霊となって襲ってきた』としか考えられず…。

それはそれでどうなの?って気がします。

『実は生きていて、銀行内で亡霊達と共にマイケル達を追いつめた』だとしたら、もうメチャクチャにもほどがるといった感じですし。。。

しかも、犯人は5人全員焼死とされているのも…うーむ。

死体はアレですか?過去の被害者の死体…と言う事ですか?いやいや、それはないでしょう!

無味無臭な映画

・・・という事で、本当に考察やらネタバレやらが意味をなさないような作品でした。

おそらく独自の解釈をなさっている方もいるでしょうから、いろいろな意見を聞いてみたいものです。

『尻』と『変態』が大半を占めている私の映画用脳ミソでは、この映画は「どうでも良い作品」に振り分けられてしまいましたので…。

90分間無駄でした…とまでは言いませんが、特に意味のない90分間となってしまいました。残念。

ついでに言うと『金庫強奪』なんて余計なサブタイトルを付けられていますが・・・決して『金庫』を『強奪』する話じゃないですよね…(笑)