映画『ザ・ハロウ/浸食』よーし!妖精を目指すぞ!!(ネタバレあり)

「人は見た目じゃなくて中身!」と言われたりするものの、やっぱり見た目は重要ですよね。

いやいや、もちろん本当に大事なのは中身だと思いますよ!しかし見た目が良ければ、多少中身が悪くても許せちゃったり・・・・え?なんの話かって?『映画/ザ・ハロウ 浸食』の話です(笑)

「いまいち微妙」「意外と悪くはない」など、全体的にパッとしない評価が目立つ本作。私としては「まあ…イマイチかな」程度ですが、それも女優のルックスあっての加算です。

これでブサ・・・えーと、あまりお好みではない顔の女優だったら、途中でコンビニにアイスを買いに行ってしまいそうな映画でした。

ザ・ハロウ/浸食
(原題:The Hallow)


2015年 イギリス

主なキャスト:

ジョゼフ・マウル
ボヤナ・ノヴァコヴィッチ
マイケル・マケルハットン
マイケル・スマイリー

監督:コリン・ハーディ
脚本:コリン・ハーディ

ネタバレ無しのあらすじ

アイルランドのとある森。

森林伐採の事前調査のために移住してきたアダム(ジョゼフ・マウル)とその妻クレア(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)、二人の赤子フィン。

しかしそこは近隣住民から神格化されている森であり、伐採はもとより調査員のアダムに対しても不快感をあらわにしていた。

隣家住人からの警告を無視して調査を進めるアダムだが、徐々に森に潜む謎の存在に翻弄されていく・・・。

・・・といった内容の作品。

微妙な作品ですが…

監督コリン・ハーディの長編デビュー作となった、この『映画/ザ・ハロウ 浸食』

彼はこの後、『映画/死霊館のシスター』でヒットを飛ばすことになるのですが・・・私は残念ながらまだそっちは観ていません。

冒頭、人は見た目がどうのこうの…という話をしましたが、映画でもそういう事ってありますよね。

さほど面白くない作品なのに、好きな俳優が出ているだけでそれなりに満足感が得られたり・・・逆に全然魅力を感じない俳優だらけだと、肝心のストーリーまでイマイチに感じたり・・・。

個人的にこの『映画/ザ・ハロウ 浸食』は「ボヤナ・ノヴァコヴィッチだから最後まで観れた作品」でした(笑)

なんとも強引すぎたり適当すぎたりする展開が続くので、わりと早い段階で気分は冷めてきているのですが…クレアが出てくると「ほわー、可愛ぇなぁ・・」と癒される。やはり人の見た目は大事ですな。。。

・・・そしてこの作品は「暗闇の表現」が非常に高く評価されている作品でもあります。

たしかに映像表現は素晴らしい部分もありますが、それだけで映画として高評価とできるかといえば・・・ちょっと違うような気もします。映像美はたしかに大事ではありますが、中身あってこその『映画』ですから。

「美人が出てれば、中身がクソでもそれなりに楽しめる」とか言っておきながら、矛盾するような発言ですけど(笑)

妖精の国、アイルランド!

ファンタジー作品ではお馴染みの『妖精』ですが、その本場と言っても過言ではないのが本作品の舞台ともなっているアイルランド。

神話や伝承の宝庫と呼ばれるこの国は、そりゃもう多くの妖精がいます。日本の『妖怪』みたいなものですね。

ケットシーやバンシー、デュラハン、リャナンシー、レプラコーンなど…ゲーム好きっ子ならば聞き覚えがあるような名前がぞろぞろ並んでいます。

ちなみに最後が「シー」になっているのが多いのは、「シー=妖精」という意味のため。猫の妖精ケットシーは「ケット(cat)+シー」で猫妖精…といった具合です。

そういえば我が国、日本でも「40歳まで童貞のままだと、妖精になれる」という話があります(笑)

ここからネタバレを含むよ!!

「おかしくない?」が多すぎる…

あくまでも『映画』ですので、多少の矛盾やツッコミどころがあるのは仕方ない。エンターテイメントですから。

・・・とは言うものの、やっぱり「え?おかしくない?」という点が多すぎると冷める原因になります。

本作品はとにかくそういう事が連発するので、どうもストーリーに入り込めないというか…盛り上がれないというか…。

調査員だよね?

開始早々の森の調査中、アダムは動物の死骸から「黒い物体」を採取し、それを持ち帰って顕微鏡で調べてみると・・・なにやらいかにもCGといった感じで、他の細胞を攻撃し浸食するようなものを見ました。しっかり見て「なんだこりゃ」とまで言っています。

なのに・・その後も謎の人影を見たり、相変わらず黒い物体をあちこちで見たり、車のエンジンルームまで浸食されたりしておきながらも・・・頑なに「コラムの仕業だ」の姿勢を崩しません。いったいあの「黒い物体」はなんだと思ってるんでしょうね、この人。

そういや学者系って、過剰にムキになって超常現象を否定したがる人多いですよね・・・。なんでもかんでも全て科学で理屈をつけようとしたりとか。

もうちょっと早めに「この森には本当に何かいる」と気づかせたほうが自然だったのでは…と感じました。

夜なの昼なの朝なの!?

頑固なアダムが「ヤバいわ。バケモンいるわ」と認め、家の発電機を動かそうとするあたりからなのですが・・・いちおう設定では「夜」のはずです。だから一生懸命電気をつけようとしています。

・・・が、部屋内が暗いシーン、窓の外の明かり強すぎないですか??

たしかに自然に囲まれた場所に行くと都市部では信じられないほど月明りが明るかったりしますが、シーンによっては「いやいや、真っ昼間だよねこれ!」と言いたくなるほど燦々と光が入っていたり…。

暗闇の表現がうんぬんというのならば、ここらへんも少し考えて欲しかった気がします。

光ダメ!鉄ダメ!…金属は?

トラウマ級の演出である「鍵穴から鋭い針が!」によって、アダムは見事ハロウの仲間入りを果たしました。ほんと、ここのシーンはエグかったですね。

そのせいで「鉄に触れる事ができない」という身体になってしまったわけですが・・・普通に室内の電気をつけていますので、光はまだ全然大丈夫なんですね。

ちょっと気になりましたが、そのへんは「まだ変化中だから」という事で良いんです。それよりもそのだいぶ後、もう光もちょっと苦手になってきて、奥さんが草刈り用の大鎌を振り回したあとです。

おいおい、鎌持って大丈夫!?・・・あ、大丈夫っぽい。柄は木製なのかな?で、それに布を巻いて・・ほほう、火をつけますか。・・・ってジッポ!?

先生!ジッポって金属じゃないんですか!?(笑)

見たところ普通にメタルなジッポですし・・・これはあれですか?純粋に鉄(Fe)は無理だけど、それ以外の金属(や合金)などはOK!!って事なんでしょうか。

そういや発電機の本体とか、ガソリン携行缶とか普通に触ってましたもんね。やっぱりアレですね『ハロウは純粋な鉄はダメ』って事なんでしょうね。狼男が銀(Ag)がダメとか、そういう事なのでしょう・・・。

このくらいで…

それ以外にももうツッコんだらキリがないほどの「おかしいだろポイント」が目白押しなんです。

いいんです、B級ですし、ホラーですし。こういう揚げ足取りは映画をつまらなくする無粋な行為ですし。

しかし・・・それにしては多すぎる気がします。許容範囲を超えすぎです。クレア(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)が可愛いから我慢しますが、それが無かったらDVDをフリスビーにして遥か彼方へ投げたくなります。

・・・どっち!?

なんか揚げ足取りの屁理屈野郎のような事ばかり書いてしまいました。ホント申し訳ない。

もっと楽しい事を書かないとダメですね。

物語終盤、フィンを無事に取り返した・・・と思ったら実はそっちは偽物(と思われる)で、アダムが本物(だろうと思う)を取り返してからの…

「そっちを置いていけ!こっちを連れて逃げろ!」

…の部分は非常に良かったです。「何かに支配されている」と感じていながらも、アダムを信じて子供を替えていったクレア。

そして夜が明け、赤子に光があたり・・・どっちが本物なんだろうというドキドキ感。

なんせB級ホラーですから・・・「実は取り換えていったあっちがハロウでした!」という絶望エンドに持っていかれかねません(怖)

最終的にはしっかりと「当たりフィン」を連れて行ったようで良かった良かった。こういう作品にしては珍しくスッキリな感じに終わってくれました。

謎は謎のままで…

アダムは死んじゃったものの、とりあえず救いのない終わり方は避けられて良かったかな・・・といった感じでエンディングを迎えてくれたのですが・・・

やっぱりエンドクレジットで挟んできましたね(笑)まぁホラー映画のお約束でもあります。

この映画のテーマとなっている『森林破壊に対する警鐘』の意味も含めて、あの部分も悪くなかったです。

「浸食していく黒い物体」に関して過剰に説明や理由付けが無かった点や、本の最後に描かれていた絵に関しても謎を残しているのも、個人的には高評価でした。

そういう「なんだかわからないもの」を、わからないものとして受け入れる事が大事であり、そこにアレコレと理屈をつけて理解したつもりになってるのが人間の悪い所なのでしょう。

・・・と考えると、「夜なのに明るすぎる!」とか「ジッポは金属では!?」とか、バカみたいな屁理屈を言ってしまった私も、森林伐採を続ける人間と同じような愚かな輩という事ですな。ぐぬぬ。

もしかしたら「30歳まで童貞だと魔法使いになる。40歳超えて童貞だと妖精になれる」というのも本当なのかもしれませんね・・・。