映画「ブレイクアウト」二大オスカー俳優初競演なのに残念な仕上がり

1975年公開チャールズ・ブロンソン主演でも同名の作品がありますが…今回は2011年、ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンが出演している作品の話です。

二大オスカー俳優・初共演という事で注目を集めた本作ですが・・・この二人が夫婦役というのは違和感バリバリでした(笑)

ブレイクアウト
(原題:Trespass)

2011年 アメリカ

主なキャスト:

ニコラス・ケイジ
ニコール・キッドマン
リアナ・リベラト
ベン・メンデルソーン
キャム・ギガンデット

監督:ジョエル・シュマッカー
脚本:カール・ガイダシェク

ネタバレ無しのあらすじ

ダイヤモンド商のカイル(ニコラス・ケイジ)は、妻のサラ(ニコール・キッドマン)と娘エイヴリー(リアナ・リベラト)と共に豪邸で暮らしていた。

ある日、強盗団が彼の家に押し入り、サラを人質に金庫を開けろと迫る。しかし頑なに開けることを拒むカイル。

もう開ければいいじゃないの!いや、開けちゃったら用済みで殺されるのか!?・・・というか、あっちもこっちもグチャグチャな展開で何がなにやらっ!?

ほら見ろ、珍しくおとなしい演技だったニコラス・ケイジも、やっぱり狂った顔で吠え始まったじゃないか!!

・・・・という内容の作品。

イロイロとぐちゃぐちゃ

私もよく引き合いに出す、アメリカの大手批評サイトRotten tomatoesでの本作品の支持率は・・・10%。

各俳優の演技はそれなりに評価されつつも、主に脚本が批判の対象となったようです。うむ、気持ちはわかります。

なかなか面白いな、と思う設定や展開もあるのですが、なんというか・・・見せ方が汚いというか、雑というか・・・。私は脚本作家ではありませんし、ご立派な映画評論家でもありませんので、あまり知った風な事は言えませんが…素人目線として「ぐちゃぐちゃで見づらい」と感じました。

もっと上手にまとめて効果的な見せ方をすれば、もっと面白い作品になったのでは。。。と思います。もちろん素人の戯言ですよ。

この映画の制作当初、夫カイル役で決まっていたニコラス・ケイジが「やっぱり強盗役のほうがいい」と言い出した事で一悶着あり、いったんは降板。代役としてリーヴ・シュレイバーが挙がるものの、やっぱりニコラス・ケイジが演じる事になったそうで・・・。

ニコラス・ケイジが強盗側だったなら、それはそれで面白そうな気もします。


ここからネタバレを含むけど、今回はネタバレ話はちょっとだけだよ!!

・・・ゲイリー・オールドマン?

私はこの作品を3度観ましたが、やはり何度観てもぐちゃぐちゃ感。そして細かいツッコミを入れてしまえば、もう延々と揚げ足取りのような文章をタレ流せそうです。

冒頭、車内でサッとしまった手錠はどんな意味につながるのかなー・・と期待していたら「車を事故らせた後に犯人グループの女をハンドルに繋ぐ」という、さほど驚きもない使い道でした。別にあそこは「事故で気絶した」ってだけでかまわないのに・・・。特に「手錠があってホント助かった!」ってほどでもないのに、まるで大事な伏線のように最初に滑り込ませてきたのが残念です。

それ以外には「あんなピッタリした服で、どこに注射器を隠してたの?」とか「プールから上がったジョーナ(キャム・ギガンデット)にキスされるシーン、なんか普通に受けいれてない??」とか・・・

映画でよくある「気にしたら負けポイント」がふんだんに盛り込まれた仕上がりになっています(笑)

私が初見で最も気になったのは、強盗の主犯格エイヴリー(実は主犯というわけでもない)が、ものすごくゲイリー・オールドマンっぽいなぁ・・・でした。

私の目が腐っているからかもしれませんが、マスクから見えている目元と口元が「映画/レオン」など若かりし頃のゲイリー・オールドマンにしか見えません。マスクを取ってからは「あれ、やっぱり違うか・・・」となりましたが、ちょいちょい「いや、でも似てる!?」と心を揺さぶってきます(笑)

2011年のゲイリー・オールドマンはすでに爺ちゃん入ってきているので、もちろん年代的には合わないのですが・・・似ていると思うんだけどなぁ・・。

私は「ダコタ・ファニング=安達祐実」説や「グサヴィエ・ドラン=HYDE」説など、周囲から「目がおかしい」と言われるような「似ているよね主張」をする人なので、おそらくこの意見もひねり潰されてしまうのでしょう。悲しいなぁ。ホントにそう見えるのに。。。

キャム・ギガンデット

強盗犯グループの問題児であるジョーナを演じた、キャム・ギガンデット(カム・ジガンディと表記される事も多い)ですが、今作で初めて意識した俳優です。顔と表情が好きで、とても気になりました。

私の習性で、新しく「おおっ!?」っと思う俳優を見つけると、しばらくその人の作品を追う・・・というのがあるのですが、彼もその後追う事に。「ニヤニヤ王子」という愛称をつけました。

「映画/エクスペリメント」での彼は、それはもう素晴らしいニヤニヤっぷりを披露してくれて最高でした。好きだなぁ、こういう「頭がおかしそうな俳優」(笑)

ラストは・・・

そうは思わない人にはホント申し訳ない、あくまでも私個人の感想ですが・・・「家族愛」のようなものは全然感じませんでした。

もっと描き方が変われば違ったのかもしれませんが、どうにも「親子の愛」や「夫婦の愛」といった類は感じません。「なんかそれなりにハッピーエンドっぽくまとめられた」という印象です。

ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンという、ベタベタな演技の二人がメインだったというのも要因だと思います。

重ねて言いますが、あくまでも私の感覚ですよ。「ニコラス・ケイジの演技は感動するんだぞ!」という方は、それで良いと思います。むしろそんなふうに思える事が羨ましい。

羨ましい、と言えば・・・プール付きの家って憧れますなぁ。

実際に自宅にプールがある人曰く「綺麗に維持するのがかなり大変」という事らしいですが・・・私のような一般庶民としては、夏場に自宅で泳げるなんて羨ましい限りです。

いつかそんな家で、美女の水着姿を愛でながらホームパーティなんてしたいものですな・・・・。