映画「アンノウン」実はスゴ腕の〇〇〇だった…ですか(ネタバレあり)

ある日突然「自分を名乗る人間」が現れたら、そりゃ「アホか、誰だお前は」となる事でしょう。しかし周囲の人間もそっちのほうを「自分」として接し、こちらのほうが「偽物」とされてしまったら…。しかも長年連れ添った最愛の妻までそんな調子だったら…それはもうどうして良いのやら。

そんな「意味のわからん状態」を巧みに描きつつ、伏線回収もしっかりしている良サスペンスアクション映画「アンノウン」をご紹介です。

アンノウン
(原題:Unknown)


2011年 アメリカ・ドイツ

主なキャスト:

リーアム・ニーソン
ジャニュアリー・ジョーンズ
ダイアン・クルーガー
エイダン・クイン
ブルーノ・ガンツ
フランク・ランジェラ

監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:スティーヴン・コーンウェル、オリヴァー・ブッチャー

原作はディディエ・ヴァン・コーヴラールの小説「Out of my head」

ネタバレ無しのあらすじ

バイオテクノロジーの学会に出席するためにベルリンを訪れたマーティン博士(リーアム・ニーソン)とその妻エリザベス(ジャニュアリー・ジョーンズ)。

宿泊するホテルに到着した直後、カバンを空港に忘れた事に気づいたマーティンはタクシーで戻ろうとするが、その途中事故に遭ってしまい、昏睡状態になってしまう。

数日後に目覚めた彼がホテルへ向かったところ、妻は自分の事を「知らない人」と言い、マーティン博士を名乗る夫まで現れる。

いったい妻はなぜ知らないフリをするのか?そして自分に成り代わっている男は誰なのか?

・・・・といった内容の作品。

転生したら〇〇だった件

ちょっと前からラノベやアニメを中心に「平凡な学生だったのに、目が覚めたら異世界。そしてなんか知らんけど自分にはスゴい能力があるらしい!ついでにモテモテ!」みたいな設定の話が増えてきました。あっちもこっちもそういう設定。腐るほど大量にあります。

「凄い力を手に入れたい!でも苦労してコツコツ頑張るのも面倒。棚ボタで手に入んないかなー」そんな現代人の願望を満たしてくれる、気分の良い設定なのでしょう。

私は「自分を高めたいならば人よりも努力が必要」と考える原始人ですので、こういった風潮も作品もすごく嫌いです。

しかし今回ご紹介する映画「アンノウン」も、ちょっぴりそっち系のテイストが振りかかっています。ちょっぴりね。

リーアム・ニーソンとジャニュアリー・ジョーンズ

私はこの映画を最初に観た時点でリーアム・ニーソンに特に思い入れはなく、「パッとしなくて脇役っぽいルックスのオジサマ」という印象。リチャード・ギアをちょっと悪役風にしたようなイメージでした。

ところがこの作品のリーアム・ニーソンときたら・・・派手に動くし、カッコ良いし。身長も高いのでアクション映えするんですねぇ。

そしてジャニュアリー・ジョーンズもこの作品で初めて意識しました。「おいおい、ずいぶんと美人な女優さんがいるんだなー」と。

その後、ちょっと彼女を追って同年公開の映画『映画/ハングリーラビット』を鑑賞。さらに「お!これにも出てる!」とパッケージで発見しては追っていたのですが・・・ロクに名前を覚えず見た目の雰囲気だけで判別していたので、気づけば「ジャニュアリー・ジョーンズだと思って追っていたら、いつのまにかサラ・ガドンを追っていた」という、わけのわからない事態になっていました(笑)

「全然違うじゃん!」と言われれば、返す言葉もありません。昔っから「外国人女性の顔の見分け」が苦手なんですよね・・。

どんでん返し

サスペンスやミステリー作品といえば「どんでん返し」がつきもの。

昔は素直に1回ひっくり返すだけの作品が多かったのですが、今では2転3転は当たり前。

この「映画/アンノウン」もどんでん返してくれるのですが、その返し方が非常に上手。ヘンに露骨なミスリードもなく、自然に「これは〇〇〇って事だな・・」と誘導されていった先の「・・・え?え?」感。

全体的に重っ苦しい雰囲気はなく、爽快なエンターテイメント性も持ち合わせており、娯楽映画としても見ごたえのある作品です。

ここからネタバレを含むよ!

記憶喪失と性格変化

記憶を失う前のマーティン(本名が出てこないので、とりあえずマーティン)はどんな性格だったのでしょう。

昏睡状態から覚めた後の彼は、ちょっと感情が高ぶる事は多いものの、概ね良識のある紳士でした。

記憶を失う事で、性格が変化する・・という事はあるのでしょうか。気になってちょろっと調べてみたのですが、どうやら「記憶喪失により性格が変化する」という例は実際に確認されているようです(ちょろ調べなので、出典等は省きます)。

作品の終盤、爆発のショックで記憶が戻ったマーティンは、記憶と一緒に思い出した「殺しのテクニック」で偽マーティン(偽、ってわけでもない)を殺す事になります。ここはまさに中学生男子が喜びそうな「・・覚醒!!!」といった感じで、サスペンス作品だという事を忘れそうなノリです(笑)

そしてジーナと共に迎えるエンディング。マーティンの頃とさほど性格が変わっている印象はありません。もともとあーいう人だったんでしょうかね。

記憶が戻ってみたら本当は「奪う!犯す!殺す!ぐへへへ!」みたいなキレッキレの暗殺者だった・・・ってな事にならなくて、良かったね。

この先はどうするのだろう…

映画って、ラストを迎えた先を勝手に想像するのも楽しいじゃないですか。この作品の先も、これからどうなるのだろう・・とちょっとワクワク感のある終わり方です。

暗殺者時代のノリで身分を偽造し、ジーナに与えた名前は「クラウディア・テイラー」そして自分は「ヘンリー・テイラー」・・・って夫婦かいっ!!(笑)

そして大物っぽい雰囲気で登場しておきながら、一般人女性(ジーナ)にあっさり落下死させられたロドニー。果たして彼がセクション15のトップだったのでしょうか?もしそうだとしたらおマヌケな暗殺集団なのですが…。

もし彼が支部長的なポジションだったとしたら、組織から追手が来たりするんじゃないでしょうかね?大丈夫かな、夫婦で。

そういえばそのロドニーが死ぬ直前、車にヒョイッと逃げ込むシーン。彼を演じるフランク・ランジェラが『映画/ロリータ』でキルティ役をやった時の「ハンバート教授に追われてピアノにヒョイッと飛んで座る時の彼(全裸)」を思い出す動きで、ちょっと笑えました。

なにはともあれこの「映画/アンノウン」、アクションとサスペンスとエンターテイメントがバランス良くまとまった良作で、気持ちよく鑑賞することができました。

そして・・

「爆発に巻き込まれてあっさり消し飛ぶジャニュアリー・ジョーンズ」ってのも、なかなか衝撃的でした(笑)