「ピエロがお前を嘲笑う(Who am I)」ハリウッドリメイクも決定の驚愕映画(ネタバレ含)

観る者全てを騙す!脅威のマインドファック・ムービー!!の謳い文句で、ドイツから乗り込んで来た「ピエロがお前を嘲(あざ)笑う」

どんでん返し系の映画を見慣れた人でも騙される、その内容とは!・・・・てな感じで煽ってましたが、最初に「どんでん返すよー」と宣言してたら、どんでん返しにならんやん!!・・とツッコミたくなりますよね。

いやいや、この作品はそこがまた・・・

ピエロがお前を嘲笑う
(原題:Who am I)

2014年 ドイツ

主なキャスト:

トム・シリング
エリアス・ムバレク
ハンナー・ヘルツシュプルンク

監督:バラン・ボー・オダー
脚本:バラン・ボー・オダー、ヤンチェ・フリーセ

ネタバレ含まないあらすじ

突如警察に出頭してきたハッカー、ベンヤミン(トム・シリング)。彼はその天才的な能力で国内各所にハッキングを仕掛け、さらに殺人容疑で指名手配までされていた人物だった。

しかし彼曰く殺人容疑は濡れ衣であり、逆に命を狙われている立場だと言う。

どうしてそうなったのか・・・ユーロポールの捜査官ハンネ(トリーヌ・ディルホム)にいきさつを語り始めるベンヤミンだが、何かが怪しい。

いったい何が矛盾しているのか?

果たしてベンヤミンは真実を語っているのか?

捜査官ハンネ(♀)は、小倉智昭そっくりじゃないのか?

といった疑問を観ている者に抱かせながら、じわじわと脳を侵食していった先に待つ種明かしとは・・

・・といった感じの内容。

ここからネタバレを含むよ!

Who am I

日本版タイトルになっている「ピエロがオマエを嘲笑う」という言葉。これはベンヤミン達のグループ名「CLAY」の由来となった「Clowns Laughing At You」を和訳した物になります。

日本語にしてしまうとちょっとイモ臭い気もしますが、これはこれでアリな気もします。しかし個人的には原題の「Who am I」で良かったのでは・・・と。

おそらく「僕は誰?」では終盤の「1回目のどんでん返し」を連想させてしまうので避けたのでしょう。盛大にネタバレするような邦題を付けたりする作品も多い中、珍しく良心的な配慮です。

各所に散りばめられた「騙し」と「遊び」

この作品は、普通に見ていれば気づくレベルから、注意して見返さないと気付かないようなレベルまで・・・非常に多くの「騙しの伏線」「伏線のような遊び」が混ぜ込まれています。

この手のブログにありがちな「ドヤ顔でポイント解説」ってのは私は好きではありませんので・・・

「ここ楽しかったよね!気になったよね!ところで、あれってなんだったんだろう!?」と、友達同士で鑑賞後に喫茶店で話すようなノリでいきたいと思います。さぁ、お茶の用意はいいですか?

角砂糖の手品

冒頭、ベンヤミンは4個の角砂糖を手に持ち、それが1個になる・・・という手品を披露しました。

これは1回目のどんでん返し(実はベンヤミンが多重人格だった)の部分、4人だと思っていたが実は1人だった・・という事を示唆していたのですよね。

そして終盤、再びベンヤミンは同じ手品をします。今度は1個の角砂糖が4つになる、という手品を。

これを後ほど思い出してハンネは「!!」と気付きます。そう、4人ではなく1人と思わせておいて、本当は4人いたのだ・・・と。

ミスリードとか、ベンヤミンって手先も器用なんだなーとか、そういうのは良しとして。私がめっちゃ気になったのは・・・

それ、ずーっとポケットに入れてたん!?ベッタベタになるよ!?

でした(笑)

ちなみにこの車内で手品を見せるシーン、外に一瞬だけピエロの仮面を被った人間が写ります。すごく気になったのですが、何というわけでもないんですよね・・・「監督の遊び心」かもしれません。

部屋のポスター

終盤、ハンネがベンヤミンの部屋を訪れた際、壁に「ファイトクラブ」のポスターが貼ってあります。

ファイトクラブと言えば、多重人格オチの名作とも言える作品。これもまた鑑賞者を「実は複数ではなく、ベンヤミン1人がやっていたの!?」という方向へ導くための演出でしょう。

洋画ってこの「部屋に貼ってあるポスター」で遊び心を出す事が多いので、こういうシーンになると周囲に貼ってあるものにばかり目がいったりしますよね(笑)

ヒロイン、マリ

これはどうやらあっちこっちで言われているようなのですが・・・この映画のヒロインでもあるマリって…ブサ…おっとっと、えーと、あまり美人じゃないよね?

ドイツ人の感覚だとアリなんでしょうか。私の腐れた眼球ではどう見てもオバチャンにしか見えないのですが…。

ここにシアーシャ・ローナンのような女優を起用してくれていれば、この映画のスタイリッシュ感やクールさがもっと際立ったのでは…などと思ってしまいます。

オマケ・エンディング曲

これがまたカッコいいのなんのって。こういう系が大好きな私はヨダレ出そうです。

Royal Bloodの「Out Of The Black」という曲らしいですよ。

気持ち良い余韻が残る名作

綿密に張り巡らされた伏線に似合わず、いろいろ無理矢理や部分もあってツッコミどころも満載ですが・・・全体を通してみればまぁ許せる範囲かと。

ハリウッドリメイクも決定しているそうですので、そちらも楽しみです。

失敗リメイクにならない事を祈りつつ、最後に一言・・・

ベンヤミン、金髪めっちゃ似合わないね(笑)