『映画/シンクロナイズドモンスター』期待ハズレというか…ネタバレ戯言

有名女優アン・ハサウェイ主演の『映画/シンクロナイズドモンスター』でネタバレ戯言を。「怪獣と美女(と呼ぶのも微妙な感じになってきましたが)がシンクロ!?」というアホ設定から、てっきりブッ飛んだコメディかと思いきや…。

シンクロナイズドモンスター
(原題:Colossal)


2016年 カナダ・スペイン

主なキャスト:
アン・ハサウェイ
ジェイソン・サダイキス
ダン・スティーヴンス
オースティン・ストウェル
ティム・ブレイク・ネルソン

監督:ナチョ・ビガロンド
脚本:ナチョ・ビガロンド

ネタバレ無しのあらすじ

失業してからというもの自堕落で酒浸りの生活を送るダメ女、グロリア(アン・ハサウェイ)。

ついには彼氏にも愛想を尽かされ、生まれ故郷の田舎町へと帰ることに。

久しぶりに再開した幼馴染オスカー(ジェイソン・サダイキス)のバーで働くこととなったグロリアだが、それとほぼ同時に韓国ソウルに巨大モンスターが出現したとのニュースが世界を駆け巡る。

周囲の人々と同じく巨大モンスターに衝撃を受けていたグロリア。しかしさらに衝撃的な事実に気づいてしまう。

あれ?このモンスター、私の動きにシンクロしてない!?

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

主演はみんな大好きアン・ハサウェイ。しかし私はあまり興味のないアン・ハサウェイです。

一時期ちょっと好きで『映画/レ・ミゼラブル』での彼女も素晴らしいと思ったのですが…あっという間にどうでも良い存在に。もう加齢でだいぶ劣化してきましたし。そんな事言うとファンに怒られそうですな…。

登場人物の少ない映画ですので、彼女以外でマトモに名前がついているのは元カレと幼馴染、その他二人の男性のみ。

しかし私の偏った俳優知識では、元カレのダン・スティーヴンスが『映画/美女と野獣』でエマ・ワトソンと共演している事くらいしか知りませんでした。観てませんけど(笑)

ドタバタぶっ飛びコメディ…じゃない

『酒グセの悪いダメ女と、巨大怪獣がシンクロ!?』という前代未聞の設定がインパクト抜群のこの映画。

しかし「いったいどんなバカなノリが繰り広げられるのか!?」などと期待してはいけません。その設定を活かして面白くしているのはほんの一瞬ですから。

最初のうちは「こんな造形のモンスターが、アン・ハサウェイと同じ動きをしてるって(笑)」とか…「どいつもコイツも中学生男子かっ!(笑)」と楽しめるものの、監督的にはその設定をコメディではなくヒューマン方向に向けたかったらしく、中盤からは変な方向に「酒と男と女のグダグダ」が繰り広げられる展開に。

いや、ホントそっちならそっちでも別に良いんですよ。「お!ただのアホ映画かと思ったら、意外に味わい深かったねぇ」と楽しめますし。

しかし…

描き方が非常に偏見に満ちているうえに、極端すぎる表現と自己満足のセリフが多くて全く楽しめず。特に『アルコール』『男』に対しては悪意すら感じるほど。

『アルコール』が入ればそりゃもうヒドい言動になり、シラフに戻れば別人のように後悔して謝罪。しかしまた飲んで繰り返し。

『男』はみんな傲慢で愚か。そして強がっていても実は弱カス。

…どうしたの監督&脚本のナチョ・ビガロンド。酒と男にひどいコンプレックスでもあるの?

酒びたりのダメ女という設定をアン・ハサウェイという美女に演じさせて隙をなくし、「アルコール依存を克服し強い意志を持って、ダメ男に勝つ!」って…。

これじゃたまに見かける『男はみんな愚かで小者。偉そうにしてるけどホントは弱いのよ。女は自由で強いんだから!』と、勘違い女が悦に入るパターンの映画じゃないですか…。

というかね、彼氏に「一緒に戻る」と電話しておきながら、連絡もせずに勝手に韓国に行くとか…そういうのを自分勝手って言うんですよ…。

超個人的な戯言感想

…というわけで切り上げです。ダメダメ、こういう作品だと批判を食らいそうな事ばかり書き並べてしまいそうですから。

私は決して酒や酒好きな人間に対して偏見はありませんし、女性に対しても侮蔑の感情はありません。ただし互いに配慮を持つことが前提ですので…。

男にゃダメな部分がたくさんありますし、女にもたくさんある。そして互いに良い部分もある。それを認め合ってこその男女平等。

男をこき下ろす内容は喜ぶクセに、ちょっと女性が差別される内容だとギャーギャー喚き立てる。そんな事ばかりやってるから、いつまでたっても男女の隔たりが無くならないのだよ…と思ったりしている人ですので。

…と、こういう話になるから切り上げたのにっ。

なにはともあれ、単なるコメディではなく人間ドラマの方向で描くのであれば、もう少し広い視野で偏見のない描き方をしていただきたかった…という思いが残る作品でございました。

文字通り「巨大な力」を手に入れてしまった人間の過ちであったり、自堕落な生活から立ち上がる過程であったり、そういう要素は悪くないと思うのですけどね…。