映画『リベリオン』ガン=カタがヤバすぎて…もはやネタ

今回の1本はいろいろな意味で困惑してしまう『映画/リベリオン』です。そのスタイリッシュなアクションのキモとなる「ガン=カタ」という武術なのですが・・・。

もう私には、

どうだカッコ良いだろう~?(中学生男子向け)

といった感じで、初めて『映画/ヒットマン』を見た時のような感覚に・・・ちょっと引いてしまいました(笑)

リベリオン
(原題:Equilibrium)

2002年 アメリカ

主なキャスト:

クリスチャン・ベール
エミリー・ワトソン
テイ・ディグス
アンガス・マクファーデン
ショーン・ビーン
ウィリアム・フィクナー
ショーン・パートウィー

監督:カート・ウィマー
脚本:カート・ウィマー

ネタバレ無しのあらすじ

第三次世界大戦後の近未来。

戦争を引き起こす原因は人間の『感情』にあるとされ、国民はプロジアムと呼ばれる感情抑制薬の服用を義務付けられていた。

そしてそれに反する者を取り締まるのは、クラリックという役職に就く者たち。

最強のクラリックであるプレストン(クリスチャン・ベール)も、日夜無感情のまま反乱者たちを殺害・芸術品の焼却処分などの職務に励んでいた。

しかし、ちょっとしたミスから薬の服用をいったん中断してしまった彼は『感情』の素晴らしさに魅入られ、やがてその体制に疑問を抱くようになっていく・・・。

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

主演はクリスチャン・ベール。当作品まではアクション映画に出演していなかった彼ですが、この『映画/リベリオン』がきっかけとなり、バットマンなどのアクション俳優業に繋がったそうです。

そういえば次のバットマンはどうなるんでしょうね。ベン・アフレックは早々に降板ムードですし…。

クリスチャン・ベール以外の出演俳優は一切知らずに鑑賞したのですが、個人的にツボ女優のエミリー・ワトソンが出ていたのは嬉しい誤算でした。彼女は『映画/レッド・ドラゴン』でのキュートさがたまりません。

そしてショーン・ビーンウィリアム・フィクナーもまぁ良いとして、ものすごく気になったのが映画開始から34:50のシーン。群衆の中を歩く部分なのですが・・・

あれ?あれ!?いま、Mr.ビーンいたよね!?(笑)

ローワン・アトキンソン?
Copyright © AMUSE INC.

似てるだけ?それともローワン・アトキンソン(Mr.ビーン)ではなく、カルロス・ゴーン!?

注!)残念ながらどちらでもありませんでした

とにもかくにもガン=カタ

比較的低予算で作られたという事もあり、公開時にはイマイチ動員が伸びなかった本作ですが・・・その後クチコミで人気が広がっていき、DVDセールスはわりと好調だったようです。

その大きな要因となったのが「アクションがカッコ良い!!」という事だそうで・・・。

冒頭でも書きましたが、コレが私にはどうにも理解できない部分でして。

引き合いに出した『映画/ヒットマン』も、中学生男子が興奮しそうなクッサい戦闘アクションを「カッコ良い」とは思えず、もはやネタでやっているようにしか見えませんでした。

そしてこの『映画/リベリオン』の「ガン=カタ」も同様です。。。

一発目に披露される、『走って…扉を蹴破って滑り込み、暗闇で映し出されるガン=カタ』にはお口あんぐり。

やばい…これ、本気でやってるよね?クリスチャン・ベール、めっちゃ真顔だもんね…。

最初から最後まで、これでもかとスタイリッシュ(っぽい雰囲気)に披露されるガン=カタのシーンは、その全てが「笑ってはいけない…笑ってはいけない…」と、手の甲をつねりながらの鑑賞でした。

だってめちゃくちゃネタっぽいんだもの!!


ここからネタバレを含むよ!!

前半はベタ

「感情を制限された近未来」という、わりとベタなディストピア設定の本作ですが・・・序盤の展開も同様。特に「おおっ!?」と思うような流れもなく、ありがちーな感じでストーリーが進んでいきます。

肝心のアクション部分をカッコ良いと思えない私には、正直けっこうキツかったです。眠かったです。

しかしプレストンが一度捕まるあたりから少しづつ面白くなってきました。

息子がなんらかのカギとなるとは思いましたが、まさかああいう形で来るとは・・・。

役者だなぁ、コイツ。

後半は面白いけどラストは駆け足

とにかくいろんなところでツッコミ要素満点の展開ではあるものの、後半はそれなりに楽しんで鑑賞することができました。

それにしても「実はファーザーはすでに死んでいた」からの展開はあまりにも早すぎないですか?

ブラントとの対決なんて、あっちゅーまに瞬殺ですし。彼、全然いいトコ無しでしたね。。。

そして駆け足で閉める

・・・というわけで。

ガン=カタのアクションがネタに見える私でも、まぁそれなりかな…といった感想ですので、アレをカッコ良いと思える方であれば…面白いSFアクション映画と言えるのではないでしょうか。

今回は短い記事になってしまいましたが、どうにもこういった「頭スカスカで楽しむ映画」は苦手でして・・・特に書くことが思いつかないんです。

大好きな変態も出てきませんし、オッパイも尻も見れませんし。

おとなしく『映画/ムカデ人間』でも再鑑賞するとします。