映画『コレクター』2012年ジョン・キューザック版・実話?

同名&似た名前の映画が複数ありますが、今回は2012年ジョン・キューザック主演の『映画/コレクター』になります。モーガン・フリーマンもデンゼル・ワシントンも出演していませんのでご注意を。

実話ベースという事が衝撃的な本作ですが、そのへんは後ほど。ネタバレと結末を含みますので未鑑賞の方はご注意下さい。

コレクター
(原題:THE FACTORY)


2012年 アメリカ

主なキャスト:

ジョン・キューザック
ジェニファー・カーペンター
ダラス・ロバーツ
メイ・ホイットマン
ソーニャ・ヴァルゲル
マゲイナ・トーヴァ
キャサリン・ウォーターストン

監督:モーガン・オニール
脚本:ポール・ライデン、モーガン・オニール

ネタバレ含まないあらすじ

ニューヨーク州バッファロー市警は3年に渡り『娼婦の連続失踪事件』を追っていたが、成果が上がらず捜査打ち切りを表明。

担当刑事であるマイク(ジョン・キューザック)とケルシー(ジェニファー・カーペンター)も、無念の思いで捜査終了を迎え……と思った矢先に新たな失踪事件が発生。なんとそれはマイクの娘アビー(メイ・ホイットマン)だった。

果たして犯人の目的とは…

・・・といった内容で大暴れするジョン・キューザックを見る作品。

キャストで戯言

超大物俳優を1発据えて他はそれなり…といった映画は多くありますが、本作もちょっぴりそれに近い雰囲気。

据えられているのはサスペンス・ミステリーの大御所ジョン・キューザックになります。

個人的には彼は好きじゃありません。理由は…顔?表情?下あごがとっぷりしている俳優は全て苦手です。ベン・アフレックも苦手ですし、トム・ハンクスも苦手です。

そんな彼を支える相棒にジェニファー・カーペンター。出演作品はそう多いわけではありませんが、インパクトのあるお顔なので印象に残りやすい女優さんですな。

しかし個人的には彼女も好きではありません(笑)

さらに肝心の娘役、メイ・ホイットマンも…かなり苦手。

17歳だと!?嘘つけー、めっちゃオバちゃんじゃないかー!と怒りたくなるところですが…本作公開時で彼女は24歳。決してオバちゃんではありませんし、もっと年上で10代の役柄を自然に演じる事ができる女優は多々います。…が、しかし彼女は無理でしょう。背はちっこくて幼児体型ですが、基本おばちゃん顔ですもの。

実話

本作は『実話を基にした映画』という事で、全て実話に基づいていると勘違いしている方もいらっしゃるようですが、あくまでも実話を『基に』です。

実際の事件を映画化した…というわけではなく、実際にあった事件をモチーフにして制作…という事ですので、映画の大半の部分は創作。

興味のある方もいるかと思いますので、実在の事件についてさらっとご紹介してみます。

ゲイリー・ハイドニック事件

本作の元ネタとされているのがコレ。1986年、アメリカで起こった連続監禁殺人事件になります。

ゲイリー・マイケル・ハイドニックの手により娼婦を含む女性6人が監禁され、うち2名が殺害されるというもの。

女性達に自らの子供を産ませ、大家族を作る…という犯人の思想が映画に反映されています。

一番最初に監禁された女性は時が経つにつれハイドニックに従順になり、殺害された女性の遺棄にも協力。この部分が本作ラストのどんでん返しに通じる部分なのかもしれません。

…が、最終的にハイドニックはその「最初に監禁し、信頼関係を築いた」…と思い込んでいた女性に逃げられて逮捕となりました。彼女は脱出するために従順な協力者を演じていたんだそうな。

ハイドニックは1999年、55歳で死刑となっています。

クリーブランド監禁事件

こちらは映画公開の翌年である2013年に発覚した誘拐監禁事件で、映画の内容が似ているという事で話題になりました。

アメリカ・クリーブランドで発生したこの事件は、犯人であるアリエル・カストロが2002年から2004年にかけて女性3人を誘拐監禁。その後約10年間も監禁されていたという恐ろしいもの。

こちらの犯人は「子供を増やそう」という目的はなく、妊娠した女性は暴行を受け、強制的に流産させられていたそうです。1人だけ被害者女性が生んだとされる少年も保護されましたが…なんと犯人逮捕時ですでに6歳。恐ろしや。

こちらの犯人は『仮釈放無しの終身刑・禁錮1000年(!?)』が確定したものの、翌月独房内で首を吊って死亡しているのが発見されました。


ここからネタバレを含むよ!!

ジョンQ大暴走

…という事で、『娼婦の連続誘拐監禁』『被害者女性を妊娠、出産させるのが目的』という部分は実在の事件を基にしているものの、捜査担当刑事の娘が攫われたり、最後の最後で刑事が裏切ったり…といった部分は完全に創作。

実際の事件では病院から薬品を入手していたという事実もなく、犯人は病院で働く調理師でもありません。さらに帝王切開がどうのこうの…という部分ももちろん創作です。

この『女性を監禁。妊娠させて大家族を作るぞ!』というヤバい思想はインパクトが大きいためか、この事件をモチーフとした映画は本作以外にも多数存在しています。

さてさて、話を本作の内容に戻しますと…

『もう無茶苦茶』

…の一言ですよ(笑)

話の流れ自体はそれほど悪くはないのですが、とにかく細部がずさんでツッコミどころ満載。「いやいやおかしいだろ!?」と言いたくなるような強引な展開がありすぎて、実話ベースという事すら忘れそうになります。

そしてジョン・キューザックは暴れすぎ(笑)

いくら娘が心配だからって、暴行紛いの取り調べ(任意なのに)に加え、雪の降る中を大暴走はヤバい。

そして奥さんはちょっとヒドすぎです。やれ娘を発情期呼ばわりするわ、ケルシーに「子供もいないクセに!」と心無い言葉は吐くわ…。

「娘が娼婦と間違われる」「ケルシーが実は犯人とグル」という展開に掛かってくるセリフなのはわかりますが、あまりにも無神経すぎるかと。

このへんの人物描写が乱暴すぎて、どうにも話にのめり込みづらい空気が漂っているのが残念です。

無理矢理どんでん

これがあのまま『犯人射殺で無事娘は保護!事件解決!』で終われば『ちょっと残念なサスペンス』程度で済むところなのですが、さらに何を血迷ったのかスゴいどんでん返しをブッ込んでくる本作。

共に捜査してきたケルシーは犯人が最初に誘拐した女性であり、協力者でもあった!!

…という、驚愕を通り越して「それでいいのか!?」なオチに辿り着いてしまいます。

最後の『伏線回収の回想シーン』はとって付けたような雰囲気ではありますが、たしかにそれっぽい空気は物語中でも匂わせていました。しかし…やはりイロイロと無理矢理すぎるのでは…。

あれだけの赤子を警察が駆け付ける前にどうやって移動させたの!?というかドコに隠したの!?泣かないの!?それ以前にあんたどうやって刑事にまでなれたの!?

そんな疑問が頭をよぎる中、不敵に笑うケルシーで物語は幕を閉じてしまいます。この後彼女はいったいどうするんでしょうね。子供達を育てて、それで?

悪くはないが…

サスペンス映画として観れば決して悪くない。悪くはないが、良くもない。なんとも残らない作品でした。

そのせいか一度鑑賞しているのに全く印象に残っておらず、二度観てしまいました。さらには今日、初見のつもりで三度目の鑑賞をしてしまいました(笑)

途中で「あー!コレ前にも二度見しちゃったヤツだ!」と気付いたのですが、まぁ毒を食らわば皿までといいますし…頑張って最後まで見ましたよ。それなのに最後のどんでん返しはすっかり忘れていました。それくらい印象に残らない作品なんです…。

ちなみに原題は『THE FACTORY』、これすなわち『赤ちゃん製造工場』って意味を含んでいると思いますが、実にエゲつない名タイトルですな。『コレクター』なんてやんわりした邦題に変えず、そのまんま『ファクトリー』のほうが良かった気がします。

あとはもう、四度目の鑑賞が無い事を祈るばかりです…。