『レベル16 服従の少女たち』雰囲気は良いが映画としては…でネタバレ戯言

なにやら「まんま約束のネバーランドじゃん!」などと言われている『映画/レベル16 服従の少女たち』でネタバレ戯言を。幸か不幸か私はその作品を読んだことがありませんので、純粋にストーリーを味わわせていただきました。

…が、純粋に面白くない(笑)

世間での評価はそれほど低くないようですので、単に私が合わなかっただけだと思いますが…もう時間のムダ級にダメでした。あれれ。

レベル16 服従の少女たち


2018年 カナダ

キャスト:

ケイティー・ダグラス
セリーナ・マーティン
アレクシス・ウィーラン
サラ・カニング
ピーター・アウターブリッジ

監督:ダニシュカ・エスターハジー
脚本:ダニシュカ・エスターハジー

ネタバレ無しのあらすじ

従順・清潔を美徳とし、怒りや反抗は忌むべきもの。

そう教え込まれながら、陽の光当たらぬ施設内で規則正しい生活を営む少女たち。

ヴィヴィアン(ケイティー・ダグラス)もその中の一人として規則に従う生活を送っていた。

しかしある日、仲の良い友人ソフィー(セリーナ・マーティン)のミスが原因でヴィヴィアンは懲罰を受ける事になってしまう。

そして時は過ぎ…

最終学年である『レベル16』で二人が再会した時、ヴィヴィアンはもう昔の優しさを失ってしまっていた。

良き里親に迎えてもらうため、厳格な姿勢で規律に従い続けようとするヴィヴィアン。そんな彼女に、ソフィーは驚きの発言をするのだった…

・・・といった内容の作品。

キャストで戯言

カナダ映画という事もあり、私が知っているのはピーター・アウターブリッジのみ。メガネの博士役です。

施設の目的が『アレ』ですので、少女たちは全体的に整った顔立ち。特に主演でもあるヴィヴィアン役ケイティー・ダグラスが美しい…と評判なのですが、ココがそもそも私には合わない。正直、かなり嫌いな顔立ちです…。もう美人だなんてケツが裂けても思えない。

そして彼女に次いで出番の多い友人ソフィー役のセリーナ・マーティン。名前も話す言葉もアチラですが、顔はバリバリ日本人顔。彼女がわちゃわちゃと叫んだり走ったりしていると、邦画でアイドル崩れの俳優が寒い演技をしているようでちょっぴり萎えます…。

というわけで、もうキャストからテンション下がり気味。ここも最終的な評価に影響しているのでしょう…。


ここからネタバレを含むよ!!

掴みはOK、あとは落ちるばかり…

序盤はさほど悪くなかったんです。

自然光が無いという設定を上手に活かし、青と赤、二色の光を印象的に使う手法はなかなか。カメラワークも独特で悪くない。

なんとなく予想はできるものの、それでも謎に満ちた設定や展開は作品に引き込むのに十二分。

雑だったり変だったりチープだったりする要素が多いものの、『ダメ要素≦ストーリー』のおかげで苦痛は少なめ。

…が、徐々にその均衡が崩れていき…中盤に差し掛かる頃にはついに逆転。

予想を下回る展開が続くうえに、ツッコミ要素はどんどん増加。せっかくの独特な見せ方も影を潜め、えらく安っぽい演出とカットが連発。

後半に向けてどんどん盛り上がるどころか、どんどん不自然さとチープさが増すばかりで…。

『なんと少女たちは美容整形の顔面移植のため、飼育されていた家畜でした!』というドンデン返しも、「おそらく臓器移植か何かだろうな…」と思っていたところに『少女二人を品定めする老夫婦(の、「あなたじゃなくて私が選ぶのよ」というセリフ)』『鏡の前でハッとする担任』で完全にネタバレ済み。

その後の展開もダルく、それっぽい雰囲気で終わる結末も「はぁ…」とため息が出るばかりでございます。もちろん悪い意味で、です。

超個人的な戯言感想

冒頭でも書いた『約束のネバーランド』という作品なのですが…そんなに似ているのですか?私は読んだことがないどころか名前すら知りませんでしたよ。

それよりもやはり年寄りとしては『美容整形版・アイランド』と言われたほうがしっくりきますな。

とにかく個人的には『いろんな部分がイマイチ。総合すりゃつまらん』となってしまった『映画/レベル16 服従の少女たち』ですが、本作を絶賛している方も世にはいるんですよね…。

だって『鍵が開かなけりゃ、ヒンジから外せばいいじゃない!』の展開ですよ?しかもネジをカードで開けるって…どんだけ適当な施工なのよ。いや、そもそも施錠できるドアのヒンジはこんな構造になってないでしょう、これ考えた人は家のドア見たことないの?

わたしゃもう、ドアを抱えたヴィヴィアンにカンチョーしてやりたくなりましたよ…。