『よく耳にする映画用語一覧』意味と解説

「映画について語る文章」の中には、ちょっと耳慣れない言葉があったりします。今回はそういった言葉の意味を使用例を挙げながらご紹介。これで人と映画について語る時に「ちょっと映画通っぽい」と思われるかもしれませんよ(笑)

なお「映画に関する専門用語」でななく「映画に関する会話で使うための用語」ですよ。専門家が用いるような難しい内容ではなく、映画好きレベルの楽しい豆知識です。

注)項目は随時追加しております。

映画を語るのに知っておきたい用語・50音順

日本語はそのまま。アルファベットは読みに準じて50音順に記載しています。

映画の話をする中で出てきそうな使用例をオマケで付けておきます。

あ行

SFX(えすえふえっくす)

「Special Effeects(スペシャルエフェクツ」の事で、日本語では「特殊効果」や「特殊撮影」と訳されたりします。

その名の通り映像に対して特殊な効果を施す事で「ミニチュアを使った撮影」や「爆薬を使った撮影」などなど。顔に施す「特殊メイク」や、びゅーんと飛んでく「ワイヤーアクション」もSFXの一種です。

似た言葉に「VFX」というものがありますが、そちらは「デジタル処理を使った特殊効果」を指します。

CG/VFX/SFXに関する詳しい記事はコチラを
「映画豆知識【CG】と【VFX】の違いは?【SFX】とは?」

使用例:

派手なVFXも良いけど、やっぱりSFXならではの臨場感は別モノだよね!

エンドロール(えんどろーる)

本編終了後に、出演者や製作者の名前がずらーっと並んで流れるアレ。

「エンドロール」は和製英語で、正式な英語では「エンドクレジット」となります。

エンドロール中にメイキング映像が流れたり、エンドロール後に再び本編の続きが流れたりする場合もあるので・・・すぐに鑑賞をやめるのは損だったりも。

使用例:

あの映画のエンドロール最後まで見た?まさかあんなオマケが付いてるとは思わなかったよね!?

か行

カメオ出演(かめおしゅつえん)

俳優や監督・原作者などが、ゲストとしてわずかな時間出演すること。映画では監督がエキストラやちょい役として出演する事が多い。語源は装飾品のカメオから。

たとえ監督自身が俳優として出演していても、主演であったり重要な役どころを演じている場合は「カメオ出演」とは呼びません。

使用例:

この監督って自分の作品にカメオ出演するの好きだよね~。

さ行

CG(しーじー)

これはもう有名。「Conputer Graphics(コンピューター・グラフィックス)」の略で、デジタル処理で作成された映像の事です。

ゲームなどの美しいグラフィックがその代表ですが、「映画/カーズ」などの映像もCGによるものです。

最近はアニメ作品でもCGを使って処理している事が多くあります。

この「CG」を現実の映像と組み合わせて処理すると「VFX」という特殊効果になります。

CG/VFX/SFXに関する詳しい記事はコチラを
「映画豆知識【CG】と【VFX】の違いは?【SFX】とは?」

使用例:

まるで生きているみたいにリアルな動物、あれがCGだったとは驚きだねー!

ジャンプスケア(じゃんぷすけあ)

ホラー映画などで急に「バーン!」とガラスが割れてみたり、「ドンッ!!」とドアを叩いてみたり・・・ざっくり言うと、いきなり大きな音(や映像演出)などでびっくりさせる手法の事です。

観ている観客がうひゃっ!と飛び上がっちゃうからジャンプスケア…というらしいです(所説あり)

あまりにもベタなうえに心臓に悪いので、コレを多用する映画は個人的に好きではありません。

使用例:

ジャンプスケアを多用するホラー作品は、心臓の悪いお年寄りに見せてはいけません。

た行

ディザスタームービー(でぃざすたーむーびー)

さまざまな『災害』をテーマにした映画の事です。

地震や津波、竜巻などの自然災害だけではなく、飛行機墜落や放射能汚染などの人災も含みますが、狭い規模だったり映画の重要なテーマとかけ離れている場合はディザスタームービーとは呼ばないのが一般的です。

うわー!隕石が落ちてきたー!街中が大パニックだー!といった感じで、壮大なVFXを駆使して描かれる事が多く「パニック映画」とも共通点のあるジャンルになります。

使用例:

あの映画ってどんな内容?やっぱりディザスター系?

は行

POV(ぴーおーぶい・ぽぶ)

「Point of View Shot(ポイント・オブ・ビュー・ショット)」の略で「主観視点」のこと。

登場人物の視線とカメラワークを一致させる事で、その人物が見ている映像をそのまま表現する事・・・となっているものの、映画話において使用される場合は「登場人物がハンディビデオカメラなどで撮影している映像」の部分を指す事がほとんど。

モキュメンタリー映画などで多用され、「映画/REC」など、全編POVで構成させている映画も珍しくない。

使用例:

なんか最近POV映画多くない?あれって下手だと見づらいだけの映画になっちゃうよね・・・。

VFX(ぶいえふえっくす)

「Visual Effects(ヴィジュアル・エフェクツ)」の事で、日本語では「視覚効果」などと訳されたりします。

コンピューターを使ってデジタル的に作られた映像効果の事で、主に「CG」を使って実際の映像に組み合わせたりする事です。

ドでかいUFOが街を襲うシーンや、驚異的な竜巻にビルが崩壊していく・・・そういった映像の事を指します。

「SFX」との違いはざっくり言うと「その場でアナログでやっているか、後からデジタルで処理しているか」になります。

「CG」を一切使用していなくとも、例えば「鏡に映りこんでしまったスタッフを後から処理で消す」「本当は何もない平原に、別撮りした城の映像を合成する」などもVFXの手法です。

CG/VFX/SFXに関する詳しい記事はコチラを
「映画豆知識【CG】と【VFX】の違いは?【SFX】とは?」

使用例:

最近のVFXは技術が進歩していて、まるで現実と区別がつかないね~。

伏線(ふくせん)

その後の展開に重要なポイントを、あらかじめ暗示しておく手段です。

人物の会話であったり、表情などの演技であったり、その場に置いてある物であったり、・・手法はさまざま。

映画においては「明らかにこれ伏線だろっ!」という露骨な場合もありますし、二度目に鑑賞した時にやっと「これは伏線だったのか!」と気づくような、功名な含ませ方の場合もあります。

使う場合は「伏線を張る」と表現し、それに関する答えが提示される事を「伏線を回収する」と表現されることが多いです。

使用例:

まさかあの時のセリフが伏線だったとはね・・・全然気づかなかったよ~。

ポリアンナ・エンディング(ぽりあんなえんでぃんぐ)

俗にいう「ハッピーエンド」の終わり方の事。

語源は小説『少女ポリアンナ』からきており、日本でも『愛少女ポリアンナ』のタイトルでアニメ化されていますので、昭和っ子なら見た事があるかもしれません。

使用例:

ポリアンナエンディングも悪くないんだけど、スリラー系は多少ダークなエンドのほうが余韻が残って良かったりするよね。え?しない?

ま行

ミスリード(みすりーど)

伏線などを巧みに使って、観賞している人を「誤った方向へ誘導する手法」です。

人物が露骨に怪しい雰囲気を出して「コイツが犯人っぽいなぁ・・・」と思わせるような単純なものもありますが、観る側の目が肥えてきた昨今では、作品の裏を読もうとするコチラの心理を巧みにコントロールするような、秀逸なミスリードが含まれる映画も多くあります。

使用例:

完全にミスリードにヤラれたよ。
まさか犯人があの人だったとはね・・・。

モキュメンタリー(もきゅめんたりー)

実在の人物や出来事を描く「ドキュメンタリー」を模倣したもの。

架空の人物や出来事、事件などを、あたかも実録形式のように編集して描く手法。

POVを使用される事が多く、上手にやられると「え?え?これってもしかして実話?」となるが、下手クソだとむしろ萎える危険な手法。

使用例:

いやいや、あの映画は実話じゃないよ。モキュメンタリーだよ。

ら行

リメイク(りめいく)

映画以外でも使用される言葉ですが、映画においては「過去に公開された作品を、再度作り直したもの」になります。

過去作品に影響を受けた程度のものは「リメイク」とは呼ばず、完全に「同じ原作」を使用した映画を指すのが一般的です。監督が変わる事で独自の解釈が加えられたり、シナリオに大きく変化がある場合も。また、作品タイトルがリメイク元と異なる場合も多くあります。

主にハリウッドが節操なく展開してくる手法です(笑)

使用例:

インファナル・アフェアのリメイクの観た?アレは元のほうがいいよね・・・。

ロケハン(ろけはん)

「ロケーション・ハンティング」の略で、作品のイメージや時代背景にふさわしい屋外のロケ地(撮影場所)を探す事です。

別時代の物語や、独特の世界観を持つ映画などでは大事になってくる作業です。

使用例:

この映画はロケハンに苦労したらしいよ。この世界観じゃあ仕方ないかもね~。

わ行

ワンシチュエーション(わんしちゅえーしょん)

「限られた一定の空間内」でのみ展開する作品のことです。ワンシチュエーションスリラーや、ワンシチュエーションコメディなど、映画のジャンルを付け加えて表現することが多いです。

基本的には「映画/ソウ」シリーズのように「作品すべてが室内だけで完結」だったり、「映画/リミット」のように「作品すべてが箱の中で完結」・・・といったものを指しますが、場合によってはその「一定の空間」に至るまでの経緯がある作品もワンシチュエーションと呼ばれたりします。例としては「屋敷内でのスリラーがメインではあるものの、そこに登場人物が集まるまでは通常の映画のように描かれる」などです。

使用例:

最近のワンシチュエーションものって、ただ単に予算をケチっただけの駄作が多いよね・・・。

映画を語るための用語・終わりに

いかがでしょう。「こんなもん全部知ってるわっ!」という方は、安心して好きなだけ映画を語りまくってください。

知らない単語があった方は、次に誰かと映画の話をする際にうまいこと使ってみましょう(笑)

なお、あくまでも「映画の会話」に焦点を絞った解説になりますので、他の用途では意味合いが変わってくる単語もあります。ご注意下さい。