「カウボーイ&エイリアン」豪華なキャストで魅せる最高の無駄遣い映画!

「つまらん」「ストーリーが小学生レベル」などなど、酷評が目立つ作品「映画/カウボーイ&エイリアン」ですが・・・私はアリだと思います。

この「無駄な豪華感」と「それを台無しにするくらいのチープ感」を楽しめる人であれば、なかなか面白い映画です。

カウボーイ&エイリアン
(原題:Cowboys & Aliens)


2011年 アメリカ

主なキャスト:
ダニエル・クレイグ
ハリソン・フォード
オリヴィア・ワイルド
サム・ロックウェル
ポール・ダノ

監督:ジョン・ファヴロー
脚本:ロバート・オッチー、他

ネタバレ無しのあらすじ

1873年、アリゾナ。

ジェイク(ダニエル・クレイグ)は砂漠で目覚めるが、服はボロボロ、腹には怪我。そして記憶も失っていた。そして腕にはヘンな腕輪。

よくわからないまま、あれやこれやで荒野を進むジェイクだが、たどり着いた町ではエイリアンが襲来!

・・・がなんと彼が装着していた腕輪は時代を無視したような強力な武器でした、ドーーン!!

息子(ポール・ダノ)をさらわれた町の支配者ダラーハイド(ハリソン・フォード)やその他大勢と共に、未知の敵と戦うことになったジェイクの運命は・・・

・・・といった内容で真面目にバカをやる作品。

今回はネタバレは含まないよ!
この作品はそういう細かいことを気にして観ちゃダメだよ!

チープさを楽しむ作品

とにかくストーリーに関して、イチャモンつけられる事が多いこの作品。口コミ掲示板系でもさんざんな事を言われています。

たしかに小学生の息子が書いたシナリオを、お父さんがちょっと手直ししてあげたようなレベルですが・・・B級SF映画なんて、どこでもそんなもんです。

むしろ「どうだ~、深いだろう~?」みたいな雰囲気で屁理屈こねてるシナリオより、はるかに良い。

くだらない事を本気で、無駄に金かけて、豪華な面子でやる。それがこの映画の楽しさの方向性です。

豪華なファストフード

そもそも、気楽に観れるSFアクションに文学作品のような奥深さを求めるのが筋違いってもんです。

本気で味を評価する料理と、そうじゃない料理ってあるじゃないですか。

マックのハンバーガーに対してアレコレとケチをつける人もいますが、じゃあちゃんとしたレストランで食べなさいよ、って感じです。

もちろんハンバーガーは金を払って買っているものですし、映画だって金を払って観るもの。ケチをつける事を正当化する理由なんていくらでもあるでしょうとも。

なんというか・・「同じ対象」に対してでも、人によって求めるものが全然違う…ってのが難しいですよね。

私はこの「映画/カウボーイ&エイリアン」には、重厚なストーリーも、目を見張るような迫力の映像も、胸を打つ人間ドラマも・・・ほとんど期待しないで観ました。

求めたのは「ふざけたお祭り映画」であり、そしてその祭りに大好きなダニエル・クレイグとポール・ダノが参加するとなれば・・もうそれだけで見る価値あり。

レストランで出されるような高級料理ではなく、見た目だけ豪華なファストフードみたいなもんです。細かい事を気にせず、手をベタベタにしながらペロリといただくのが粋というものでしょう。

無念のあとがき

この作品の主演はダニエル・クレイグですが、当初はロバート・ダウニー・Jrの流れだったそうです。

もしそのままロバート主演だったら、違った雰囲気になったんでしょうねぇ。私としてはダニエル・クレイグのほうが勢いで押す感じが出るので、彼で良かったと思います。

うーむ、今回はどうも文章がダメです。いや、いつもダメなんですけどね・・・。

申し訳ない、今回はこのくらいで勘弁してください。

次回こそ・・次回こそは、楽しんでいただけるようなモノを書きますので・・

そういえば余談ですが

ジェイクの「腕輪からドーン!」を見て、コブラを思い出しました。