映画『プリデスティネーション』難しい時系列は表で!ネタバレ/結末

注!)当記事はネタバレ・解説・結末を含みます。本作品はまずは内容を知らずに見る事をおすすめしますので、未鑑賞の方はご注意下さい。

時系列ぐちゃぐちゃのタイムリープ作品が嫌いな方は意外と多いですが・・・私は大好物だったりします。サイコ野郎が出てくる映画と同じくらい好きです。

そして数あるタイムリープ作品の中でも、かなり高評価なのがこの『映画/プリデスティネーション』になります。初見時はその緻密なストーリーにただただ脱帽でした。。。

プリデスティネーション
(原題:Predestination)


2014年 オーストラリア

主なキャスト:

イーサン・ホーク
サラ・スヌーク
ノア・テイラー

監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター、スピエリッグ
脚本:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ

原作はロバート・A・ハイラインの短編小説『輪廻の蛇』

ネタバレ無しのあらすじ

連続爆弾魔の恐怖におびえる1970年のニューヨーク。

場末のバーに現れた青年ジョン(サラ・スヌーク)は、バーテンダー(イーサン・ホーク)に自分の身の上を語り始める。実はジョンは元女性で、とある男に人生を狂わされたの事。そしてその男を殺したいほど憎んでいるという。

そんなジョンに、話を一通り聞いたバーテンダーはこう告げるのだった。

「お前の人生を壊した男を差し出す…と言ったら?」
「お咎めなしだとしたら…殺すか?」

・・・・といった内容の作品。

子供向けの派手なSFではなく

パッケージのせいで勘違いしてしまった方もいるかと思いますが、この映画は…

時空警察のイーサン・ホークが、タイムスリップ&SFアクションを披露しながら派手に犯人を追いつめる!

…というような、脳みそスカスカのエンターテイメント作品ではありません(笑)

この映画は緻密に練られたシナリオ、複雑に絡まりあう伏線、そこに秘められた真実を楽しむ…そんな映画になっています。

しかし無駄に混乱させるような見せ方はせず、非常にストレートな描き方で徐々に伏線を回収していく展開は秀逸。

タイムリープものにありがちな「時間あっち行ったりこっち行ったりで混乱するー!」といった事も少なく、鑑賞後のモヤモヤ感も少ない。この手の映画には珍しいタイプの作品です。


ここからネタバレを含むよ!!
本作品は未鑑賞の方は特に注意!!

その時彼(彼女)は何をしていた!?

もちろんタイムリープ作品ですので、時間はあっち行ったりこっち行ったりします。

ヴァイオリンケースに似たUSFF(時標変界キット)に表示される年月を全て覚えていこうとするとけっこう大変ですが、そこはさらーっと観ていてもわかりやすい作りになっているので大丈夫です。

まぁとりあえず時系列に沿って並べ替えた年表でも・・・と思ったのですが、ただの年表ならウィキペデディアでも似たような事が書いてありましたし、この映画を難しいと感じた人に説明するにはちょっと足りない気がします。

ですので・・・

『ジョン』(性転換後)『ジェーン』(女性の頃)『バーテンダー』(顔面変更後)の三人が、いつの時代に何をしていたのか…という形で表を作ってみました。

さらに彼がどういった人生を送ったのかがわかりやすいように、番号を振ってあります。[〇]の番号順で追っていくと彼の人生を追う事ができます。

注)端末によっては正しく表記されない場合があります。申し訳ない。。。

年月ジョンジェーンバーテンダー
1
9
4
5

9
[1]
孤児院前に
置かれる
[15]
ジェーンを
孤児院前に置く
1
9
6
3

4
[6]
バーテンダーと過去に飛び、ジェーンと出会う
[2]
ジョンと出会う
[12]
ジョンと過去に飛び、二人を出会わせる
1
9
6
3

6月

[7]
ジェーンを残して去る
[3]
ベンチでジョンに置き去りにされる
[16]
ジョンを迎えに訪れ、その後彼を時空警察とする。
これが彼の「最後の任務」となる
1
9
6
4

3
[4]
出産。赤子にジェーンと名付け、ここからジョンとなる
[14]
ジェーンを新生児室から連れ出す
1
9
7
0

3
[9]
爆弾により顔面負傷
直後1992年へ飛んで治療を受ける
[13]
爆弾魔と対峙
負傷したジョンを手助けし、1964年に飛ぶ
1
9
7
0

11
[5]
バーを訪れ、バーテンダーと出会う
[11]
ジョンと出会う
1
9
7
5

1
[17]
最後の任務完了後、引退のためにこの時代に飛ぶ。
USFFは機能停止するはずだったが、エラーにより停止しなかった。
1
9
7
5

3
[18]
爆弾魔と出会い、自分の未来の姿だったと知るが…射殺。その後ニューヨーク爆弾事件を引き起こす。
1
9
8
5

8
[8]
バーテンダーの手引きで本部へ。時空警察となる。
1
9
9
2
[10]
負傷した顔面を再成型。ここからバーテンダーとなる。

ジョンとジェーンの一人相撲

この作品の唸るポイントは、とにかく何から何までジョン(ジェーン)が一人でやっているという部分。

自分に恋し、自分と交わり、自分を生む。

そうなるために自分と自分を引き合わせたのも自分で、さらには追っかけてる犯人も自分。

まさに鶏と卵の話で、彼のルーツを辿っていくとグルグルと回ってしまう事になります。

こういったタイムリープ系の作品はどこかに矛盾が生じたりするものですので、この作品にもアレコレと屁理屈を引っ張り出してくればケチの付け所はもちろんあります。

今現在はあり得ない現象なのだから、多少の矛盾は仕方ないとも言えるでしょう。

しかし純粋に『物語』としてのレベルで見るならば、本作品の脚本は文句のつけようがないと感じました。

ここからは気楽に戯言だよ!

骨格がっ!顔の大きさがっ!(笑)

素晴らしい脚本と演出、ストーリー展開の『映画/プリデスティネーション』ですが、個人的にとにかく残念なのが…

あまりにも別人すぎる・・・(笑)

イーサン・ホークは大好きなので、そういう点で彼の起用は嬉しいのですが・・・ジョン&ジェーン約のサラ・スヌークとイーサン・ホークが同一人物というのは無理がありすぎます。。。顔面を再形成とかそういうレベルではなく、骨格から別人です。

バーで互いに顔を見合わせているシーンなど、明らかに顔(頭)の大きさが違いすぎるっ(笑)

こうやって見るとイーサン・ホーク、身長のわりに顔デカいんですね。

あまりにも似すぎていては早々にネタバレてしまいますが、せめてもう少し似通った骨格の人にして欲しかったなぁ・・・と感じます。

ユアン・マクレガーとか似てる気がするんですがダメですかね。もしくはサラ・スヌークのほうを、顔がデカくて馬ヅラの女優にするとか・・・。ノオミ・ラパスとか・・・。

美味しゅうございました

この『映画/プリデスティネーション』は久しぶりに「面白かったっ!」と気持ちよく言える良作でした。

私は数回観ていますが、再鑑賞してみると「おおー」と思うような細かい発見があるのところも面白いですよ。

それにしても、自分と…ですか。うーむ、もはや近親姦どころの話じゃないですな…。

私はオギャーから現在に至るまで、男性ホルモンが多すぎるくらいのガチオスですので・・・考えただけで「うえー!無理無理っ!」と思いますが、考えようによっては「どこをどうされれば気持ち良いか」とか「どのくらい焦らされるのが興奮するか」とか・・・そういうのがお互いにわかるのは良いかもしれませんなぁ(笑)