映画『アブノーマル・ウォッチャー』こんなの変態じゃないやいっ!

今回の1本は「映画/アブノーマル・ウォッチャー」です。すごいタイトルですね。

もうその題名を見ただけで「くるぞ・・・変態がくるぞ・・」とザワザワしてきます。

変態映画大好きの私としては、もう避けては通れない映画でした。…が、しかし・・・・

アブノーマル・ウォッチャー
(現代:13Cameras)


2015年 アメリカ

主なキャスト:

P・J・マッケイヴ
ネヴィル・アーチャムボルト
サラ・ボールドウィン

監督:ヴィクター・ザーコフ
脚本:ヴィクター・ザーコフ

ネタバレ無しのあらすじ

引っ越し先として郊外の一軒家を見学に来た新婚夫婦、ライアンとクレア。

大家は見るからに怪しく不潔な雰囲気を漂わせており、妊娠中のクレアは不安を感じるものの・・・ライアンは気しない様子で引っ越しを決める。

しかしその家は大家が仕掛けた隠しカメラにより、家中隅々まで監視されていた・・・

・・・という内容の作品。

大好きです、変態。

冒頭でも書いた通り、私は変態が出てくる映画が大好きです。厳密には「変態」というよりも、「他の人間とは全く異なる思考を持つ人間」が出てくる映画が大好きです。

いろいろな映画を観ていても、登場人物の中で最も共感できるのは「明らかに変人」とされている人物ばかり。

「映画/P2」を観れば「いけいけ!がんばれトム!!」と頭のおかしい犯人のほうを身近に感じますし、「映画/スリーピングタイト」では、ヤバいくらいの変態っぷりを見せつけるセサルに感動すら覚えました。

負けるな変態!犯人のトムを全力擁護したくなる映画はこれだ!!
(通常の人はそうは思えません。たぶん)

ここからネタバレを含むよ!!

あれれ・・・変態なのに・・・

おかしいです。最後までしっかり、3度も見たのに・・・何度見ても萌えません。

変態としての基本である「歯ブラシプレイ」も披露してくれましたし、監視カメラごしの裸体でハァハァしていたティッシュもあります。

なのに・・・彼には魅力を感じません。見た目は関係なく。

おそらくこんな事書いても同意してくれる人がいないどころか、反論で叩かそうなのですが・・・彼には「変態としての美学」が感じられないのです。。

ただ単に覗き見で興奮しているだけ。

ちょいちょい家に侵入して手を加えていく大胆さは面白いのですが、いかんせん変態性が足りない。

これでは普通に「覗き見したい人」です。中学生男子が思い描いた欲望を、そのまま実行しているだけのレベルです。

・・・他人の家に監視カメラをしかけて覗く事を「普通のレベル」と言ってしまうのは問題があるかもしれませんけど(笑)

それゆえ「変態を楽しむ映画」としては全く論外でした。。。

最上級の変態に身もだえる映画はこっちだ!!

嘘つきは嫌いです

私がこの映画で不快感を感じるのは、大家でもなんでもなく・・・旦那のライアンです。

不倫はまぁ良しとしましょう。しかしそれを隠すためにポンポンと嘘をつくのが非常に気分悪い。

着信拒否をしてみたり、奥さんの携帯に水をかけたりなどの小細工を繰り広げた挙句、

言い逃れできなくなったら「デタラメだ」「信じてくれ!」と嘘をつき、それが通用しないとなれば「あんな女本気じゃない!」と保身を図り、どこで行為に及んだか聞かれても「会社で・・1度だけだ!」と、最後まで嘘。少しでも自分を守ろうと必死に嘘を繰り返す。。。

実は私も過去に同様の経験があり、同じように嘘に嘘を重ねられた事があります。

こういう事で嘘をつく人って、どこまでいっても嘘が無くならないんですよね・・・。

アブノーマルとは呼べない・・・

・・・と、いうわけで。

変態も楽しめなければ、登場人物にも魅力を感じない。

残念ながら個人的には「ダメ映画」でした。

もっと上手に「ライアンの浮気」「大家の盗撮」を絡める事ができれば、少しは面白くなったのでは・・・と思います。この2つがまるで別ラインで進んでいるのはもったいない。

ライアンだけが盗撮に気づき、そこには「自分の浮気の証拠」も映ってしまっている・・・という事で広げられなかったものでしょうか。もしくは浮気相手のハンナが盗撮に気づいて、それを使って離婚に持っていかせようとするとか・・・。

「盗撮してハァハァ」⇒「バレそうになって必死」⇒「もうダメだ、皆殺しだ」

これではちょっと面白みに欠けている気がします。

こういうバッドエンド系の映画はわりと好きなのですが、最後の部分もイマイチでした。

期待が大きすぎたのか・・・それとも私の感性がおかしいのか・・・

個人的にはもう「ノーマル・ウォッチャー」と呼べるような映画でした(笑)