映画『シャッター』タイ映画を奥菜恵でリメイク!?でネタバレ

2004年タイ映画『心霊写真』をハリウッドリメイク。しかし舞台は日本で監督も日本人、そして奥菜恵が出演という…カオス極まる『映画/シャッター』でネタバレ戯言を。

シャッター


2008年 アメリカ

キャスト:
ジョシュア・ジャクソン
レイチェル・テイラー
奥菜恵
デヴィッド・デンマン
ジョン・ヘンズリー
マヤ・ヘイゼン
ジェームズ・カイソン

監督:落合正幸
脚本:ルーク・ドーソン

2004年タイ映画『心霊写真』のハリウッドリメイク作品

ネタバレ無しのあらすじ

カメラマンのベン(ジョシュア・ジャクソン)とジェーン(レイチェル・テイラー)は新婚ほやほや。

仕事のため挙式後すぐに日本へ渡る事となったベンだが、ハネムーンも兼ねてジェーンも同行。ところが来日して間もなく、暗い夜道を車で移動中に一人の女性(奥菜恵)をはねてしまう。

しかし現場には女性の姿はおろか血痕すらなく・・・。

・・・といった流れから、違和感バリバリの和製ホラーで迫る怪映画。

リメイクとキャストで戯言

冒頭でも書いたように本作は2004年タイ映画のリメイク。

残念ながらそちらは未鑑賞なのでなんとも言えないのですが…米国批評家のコメントによると「本家もリメイクも、どっちもつまらん」とのこと。

私としても「ほぼ全編日本が舞台」「奥菜恵が出演」という点を差し引いてしまえば、あまり出来の良い映画とは思えず。

それにしても若い頃の彼女は本当に美人ですなぁ。まぁ現在もそれほど酷くなったとは思いませんけど。

なおパッケージは詐欺ですので、本編でこんな露出のある服装を見ることはできません(笑)

主演のジョシュア・ジャクソン、その妻役レイチェル・テイラーもそれなりに出演作品があるものの、特に思い入れはありませんので戯言もありません。申し訳ない。

もはや邦画

日本人監督らしく「これがこうで、こうなりました。その理由はこんな事があったからでした」をお節介なほど見せてくれる作りのため、ストーリー的な謎は一切無し。製作にも日本人が入り、カメラマンも日本人。演出や技法も「古き良きジャパニーズホラー」が随所に織り交ぜられており、白人さんがペラペラと話してなけりゃもはや邦画を見ている気分。

しかしそのぶん「ヘンテコな日本」の描写は少なめで、100歩譲れば我慢できる範囲なのではないかと。

近年の作品ですら、ハリウッド映画での「日本」の表現は「カタコトの日本語を話す日本人(という設定の中国人)」「とりあえずどんな部屋でも日本刀が飾ってある」「不自然なお辞儀と挨拶」と、もはやギャグですから…。

メグミ役の奥菜恵はもちろんのこと、セイコ役のマヤ・ヘイゼンも東京生まれだけあって日本語は自然。その他、TGK社の社員達にもカタコトで話す日本人はいません。

唯一トホホなのはセイコの元カレ・リツオだけですが、すでに名前からヤバいですな。ちなみに演じているジェームズ・カイソンは中国人ではなく韓国出身のアメリカ俳優ですよ。

余談ですが彼はテレビドラマシリーズ『HEROS』でも日本人アンドウ・マサハシ役で出演しており、アンドウは名字ではなくまさかのファーストネーム。名前が「安藤」というこれまたヤバい役柄名です。


ここからネタバレを含むよ!!

鬼畜以下の旦那…

ネタバレと言っても、先程も申し上げたとおり実に説明過多な作品になっていますので…特に考察すべき点は無し。

「どうして奥菜恵はあんな事に?ベンとの関係は?」といった部分も明白にし、当初は隠していた秘密もぜーんぶ説明(回想映像付き)。

それにしてもベンはひどい野郎ですなぁ。

『単なる遊びの女に本気になられて困ったから、友人と結託して睡眠薬を飲ませて撮影し、やめないと写真をバラまくぞと脅す』

それを「悪意はなかった」って…。

せめて「ちょっと遊びで一回寝ただけ」ならまだしも、けっこう長いこと一緒にいたみたいじゃないですか。ついでにライカのカメラなんて高級なもんまで貢いでもらい、 睡眠薬飲ませる際もあんなシャレた演出で相手が嬉し泣きするほど喜ばせておきながら、二人の男に弄ばれる彼女を撮影するのはその彼女自身から贈られたライカを使用!(驚)

・・・・もはや人格異常ですよ、あなた。

どうせなら「うへへへ、おまえに貰ったカメラは綺麗に撮れるなぁ~。ほら、もっとイイ顔しろよとか言ってみなさいよ、この中途半端野郎が。

超個人的な戯言感想

さてさて。

「ヘンテコな日本」に関しては許容範囲としても、それ以外の部分であまりにも雑すぎる要素が多いこの映画。

  • メグミの遺体、あんなにハエたかってるんだから匂いですぐ気づくでしょ!
  • 日本の病院なのに体重計が「ポンド表示」って!(280ポンド=約127キロ)
  • 下着ちゃんを撮影するアダム、カメラにストロボ付けていない(内蔵フラッシュも上げてない)のにフラッシュ光ってるぞ!
  • こらこら、ケーキの入った箱をそんな斜めの状態で持ち帰ってくるなよ!

…と、軽く見繕っただけでこの有様。ただでさえ「心霊写真」なんてツッコミどころのあるテーマなのだから、せめてもう少し丁寧に作っていただきたかった…。

内容的にも特に面白いわけでも怖いわけでもなく、個人的には「イマイチなホラー映画」といった感想になり、奥菜恵が見れる事以外に価値を見出すのが難しい作品でした。

ちなみに彼が貢いでもらい、彼女の撮影にも使用したカメラは「LEICADIGILUX2」。ストロボ付けてないクセにバシバシ光る、アダムが下着ちゃん撮影に使用したカメラは「PENTAX・K100D」です。ホント、興味ない方にはどうでも良い話ですけど。