映画「スリザー」B級ホラーはお好きですか?私はあまり…(笑)

なぜこれをチョイスしてしまったんでしょう。どうやら本作の監督であるジェームズ・ガンは「映画/ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の監督として有名で、その流れでこの作品を観た人は多いようですが・・私はそっちの作品は観たことがないので、特に彼に思い入れはありません。

じゃあホント、なんで観たのよ!?と聞かれてしまえば、「若気の至りです」と答える意外に思いつきません。しかし私は若くもありません(笑)

スリザー
(原題:Slither)


2006年 アメリカ

主なキャスト:

ネイサン・フィリオン
エリザベス・バンクス
マイケル・ルーカー

監督:ジェームズ・ガン
脚本:ジェームズ・ガン

ネタバレ無しのあらすじ

アメリカ南西部のとある田舎町、地元の有力者であるグラント(マイケル・ルーカー)は些細な事から妻スターラ(エリザベス・バンクス)と諍いになり、夜の酒場で一人飲んでいた。

そこで知人女性とちょっと良い雰囲気になった彼は「二人でちょっとイチャイチャしながら森に入っていく」という、ホラー映画ならベタベタの「来ますよ。襲われますよ」的な流れに。

そこで地球外から飛来した物体を発見したグラントは、お約束のように正体不明の生き物に襲われ、寄生される。

さぁ、ここからが本番。B級ホラー展開でガンガンいきますよ!

・・・といった内容の作品。

B級ホラー

「映画好き」と一括りに言っても、有名俳優を起用したベタなアクションが大好きな人もいれば、美人女優のお色気が好きな人、モヤモヤしたラブが好きな人、男と男がラブになるのが好きな人・・・いろいろです。

ちなみに私は頭のイッちゃってる人が出る作品が大好きです。

そして「B級ホラー」と呼ばれる作品が大好きな人も、わりと多く存在します。

残念ながら私はそっち系には造詣が深くありませんので、なにをもって「B級ホラー」と位置づけて良いのかも詳しくありません。

とりあえず「ベタな展開」「適度に含まれるユーモア」「意外にガチな作り込み」というのが、私の中での「B級ホラー映画」です。

「何を言ってるんだ、わかってないよオマエは!」とお怒りのB級ホラーマニアの方がいれば、ぜひご教授いただきたい。できれば軽めのお説教でお願いします。

「何を言っているのよ、わかってないわアナタは!」とお怒りのB級ホラーマニアの女性であれば、なおさらご教授いただきたい。どうか存分に罵ってください。ぶって下さい。辱しめてください。

コメディ要素を含むB級ホラーが好きなら、これは押さえておきたい!
掟破りのホラー(?)映画、キャビンだっ!!

オマージュを含みつつ、ゾンビも含む

それにしてもホラー映画はいつからか、過去の名作ホラー映画のオマージュやパロディを含ませる・・という事が多すぎませんか?

たしかに「ああ、コレはアレかっ!」というシーンを見ると楽しいっちゃー楽しいのですが、あっちもこっちもそんな演出ばっかりだと・・・もうオマージュというよりも、ただの便乗商売のように感じてしまいます。

そしてこの作品も、お約束のように名作ホラーを彷彿とさせるシーンが盛り込まれています。

湯舟につかる女性の足元から、股の間を通ってスーッと忍び寄るカメラは「エルム街の悪夢」のあのシーンですし、テレビでは「悪魔の毒々モンスター」が流れていました。

そして中盤以降にブッ込まれる、ゾンビ要素(笑)

おかしい・・この映画は「地球外生物ホラー」だったはず・・・。

どうしてアメリカ人ってゾンビ大好きなんでしょう。ホラーでもゾンビ、ゲームでもゾンビ、なにかっつーとすぐゾンビです。

結局のところは・・

もちろん最後まで鑑賞しても「素晴らしい感動」や「名作を観たような満腹感」はありません。そんなものを得るために観るような映画ではありません。用途が違います。

私が鑑賞後に残ったものといえば・・・

まず1つは物語中盤、ビル達が農場で待ち構えている前に現れたグラントの姿が「フォールアウトのケンタウロスにそっくりだったよね!?」という点と・・・

ケンタウロス
ケンタウロス

ラスト、横たわるビルを心配して這い寄るスターラの胸元が「もうちょっと!もうちょっとで見える・・・見えたっ!?」という点のみ。

特に後者のほうは一時停止で確認・・いや、静止画像をキャプチャー&拡大して検証したくなるくらいの、最大の盛り上がり部分でした。

「映画/P2」で、レイチェル・ニコルズの胸の谷間ばかり見ていた事を思い出します。

どうやら私は「B級ホラーを本気で楽しむ」という高レベルな楽しみ方はできないようです。

結局今回も、胸がどうとか尻がどうとか、そんな話に落ち着くわけですね。

急に話は変わりますが、あなたは映画のエンドロールが始まると席を立つ派ですか?

映画好きの人って「エンドロールが始まると帰る人」を嫌う傾向がありますよね。最後まで観ろよ、と。

私は最後までしっかり観る派ですが、別にそこで帰る人はそれでかまわないと思います。立ち上がって歩かれるとちょっと見づらくなりますし、余韻に浸っているところを邪魔される気もしますが、それもまた映画館ならではの体験ですし。

この「映画/スリザー」は、エンドロールを最後まで観た人へのオマケのワンカットがあります。たまにありますよね、こういうの。

オマケとするにはもったいない、ある意味「ベタ」な余韻を残してくれるカットですので・・・気になる方は、DVDもしくは動画配信サービスで観て下さい。それならエンドロールを飛ばして最後だけ見れますし。

無類の猫好きとしては「最後に猫にアレコレするのはやめて!!」と言いたくなりました(笑)