『ジュラシック・ユニバース』ベタなB級・ネタバレ&あらすじ

 注!)当記事はあらすじ・ネタバレを含みます。未鑑賞の方はご注意下さい。

今回の1本は…タイトルとパッケージ、設定から俳優に至るまで、全てが正統派B級『映画/ジュラシック・ユニバース』です。

某有名恐竜映画を意識したタイトル、『臨場感バツグン!ド迫力のCG!!』という謳い文句に嘘偽り有りのVFX、無名かつ素人演技が際立つ俳優陣、うすら寒い演出、どれをとっても『B級クオリティ』以外の何物でもありません。

ボリューム満点の大作映画や脳みそフル回転のサスペンス映画に疲れたアナタ、たまにはこんな映画も良いのではないでしょうか…。

ジュラシック・ユニバース


2018年 アメリカ

主なキャスト:

アダム・ハンプトン
ケイティ・バージェス
ライアン・メリマン
ペリー・リーヴス
ケイト・ジョーンズ

監督:ライアン・ベルガルト
脚本:ライアン・ベルガルト

ネタバレ無しのあらすじ

死刑囚達を恐竜が跋扈するVR世界に送り込み、生き残った最後の1人は自由を勝ち取る。

それは『ジュラシック・ゲーム』と呼ばれる過激なエンターテイメントであり、仮想空間で殺しあう様子はテレビ配信され多くの視聴者を獲得していた。

今年も選ばれた10人の死刑囚がゲームに挑むのだが、その中には無実の罪で死刑宣告を受けたタッカー(アダム・ハンプトン)も…。

そしてタッカーの子供たちも含め多くの群衆が見守る中、ついにジュラシック・ゲームの幕が開ける…

・・・といった内容の作品。

細かい事を考えてはいけない

なんといっても『B級映画』ですから。

サスペンスやミステリーを鑑賞するような姿勢で見るのはそもそも間違い。あら探しや揚げ足取りをしようと思ったら小一時間はツッコめるのがB級映画です。

そういった「おいおい、そりゃないだろ!」も含めて楽しむのが紳士のマナーです。

まず設定からして…

10人の死刑囚のうち、生き残った1人は無罪釈放

ですから。

おっそろしく狡猾で強い連続殺人鬼がいたら、『人いっぱい殺して死刑⇒ジュラシック・ゲームで無罪獲得⇒わーい自由だ人を殺そう⇒死刑⇒ジュラシック・ゲームで…』の無限ループで楽しい世界の出来上がってしまう恐れがあります(笑)

迫力のVFX!予想できない展開!

恐竜が出てくるわけですので、ものすごくCGは頑張っています。頑張っているのですが…やはりB級作品の限界と言いますか、「まるで本物のような迫力!」とは決して言えない仕上がりなのがまた味わい深い。

いやいや、恐竜単体なら意外とイケているんですよ。ちょこっと殴ったり、吹き飛ばしたりする程度なら十分に見れます。…しかし、俳優と動きがリンクする(食べる・捕まえる)ようなシーンになると、もう途端に残念な事に(笑)

まぁ設定からして『生きている恐竜』ではなく、仮想現実内での存在ですので・・・むしろリアルと言えばリアルなのかもしれません(笑)

そして10人の死刑囚のうち、生き残れるのはたった1人。という事は、9人は途中でサクサクと死んでいくわけなのですが…この『死亡フラグ』が実にわかりやすい。

あ、次はコイツか。よし、次はコイツだな…と、観ているこっちの手のひらで踊るかのような素直な死にっぷり。

最終的に「タッカーとジョイ(サラ)」が残るのはもう序盤から目に見えており、さらに「どうせジョイが真犯人だろ」の予想も覆される事なく、そのまんま最後まで完走してくれます。

しかしむしろ、自己満足のB級映画にありがちな『じゃじゃーん!真相はコレでした!!どう?驚いた?』と、監督ドヤ顔でぶっ込まれる「矛盾だらけのどんでん返し」が入っていないというのは好ましく感じました。うむ、素直でよろしい!

単純明快・明朗会計

最後も変な含みを残す事なく、タッカーは子供たちの元へと戻って幸せな家庭(母親はいないけど)のような流れでエンドです。

なにやらテレビで『ジュラシック・ゲームは終わらないよー』みたいな事言ってますが、彼らにはもう関係のない話ですから。気にせずご飯食べちゃって下さいな。

実にストレートかつ素直、古き良き映画を彷彿とさせるような『正統派B級映画』でした。

小難しい話はめんどくさい!単純明快エンターテイメントが大好き!といったお父さんや、ゲーム大好き中高生にはウケそうな作品です。

意外にゴア要素もありませんので、夕食後に家族で楽しむのも良いかもしれませんよ。もちろんエロスも一切ありません!

あ、ステファニーの紹介映像でちょっとそれっぽい部分がありますが・・・急にお父さんが新聞広げたり、お母さんがお茶を入れに行ったりするほどではありませんのでご安心を。

ちなみにパッケージの下のほうに…

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に続く恐竜アドベンチャー大作

とか書かれていますが、そこは誤植ですので気にしないほうがよいかと(笑)

ついでにものすごく名前が似ている映画で『ジュラシック・ユニバース/ダーク・キングダム』というのもありますが、そっちは続編でもなんでもありません。本作よりもさらにB級色の強い、素晴らしきクソ映画ですよ。