映画『ウェア-破滅-』ちょっと毛色の違う狼男映画(ネタバレ含)

映画としてはB級に分類されそうな「映画/ウェア-破滅-」、個人的には高評価なのですが…やはり知っている人は少ないようで。あらすじ&ネタバレを含みますので未鑑賞の方はご注意下さい。

しかしなんですか、この「-破滅-」って…。余計なサブタイトルをつけた邦題はよくありますが、なぜここに破滅・・・。

なお現在手に入るのはレンタル落ちの中古ばかり。セル版新品は手に入らないかもしれません。見たい方は動画配信サービスがオススメです。

ウェア-破滅-
(原題:WEA)


2013年 アメリカ

主なキャスト:

A・J・クック
サイモン・クウォーターマン
ブライアン・スコット・オコナー
セバスチャン・ロッシェ
ヴィク・サハイ

監督:ウィリアム・ブレント・ベル
脚本:ウィリアム・ブレント・ベル、マシュー・ピーターマン

ネタバレ無しのあらすじ

とある夜・・・7歳の子供を含む親子3人が正体不明の獣に襲われる事件が発生。

しかし警察が容疑者として逮捕したのはタラン・グウィネック(ブライアン・スコット・オコナー)という大男だった。

タランの弁護を担当する事となった女性弁護士ケイト(A・J・クック)は元恋人の動物学者ギャビン(サイモン・クウォーターマン)を呼び寄せ、彼の無実を証明しようとする。

調査を進めた結果、タランは「遺伝子的な要因による疾患」を抱えており犯行は不可能だったという可能性が浮上。

どうにか医学的調査でそれを証明して彼の無実を立証しようとするケイトだが、事態は思わぬ方向へと・・・

・・・といった内容の作品。

ジャンプスケアは嫌い

とにかく最初から最後まで気になるのが、映画やドラマでよくある「不意に大きな音で脅かす」という古臭いアレ。『ジャンプスケア』と呼ばれる手法です。

1回や2回なら我慢しますが、この映画はもうしつこいくらいに多用しすぎで…。

「急に石がドーン!!」「動物がバーン!」「腕がドーン!」「コウモリがブワー!!」

いちいちデカい音を出して「どう?驚いたでしょ?」みたいにやられてもねぇ…。

たしかに反射的に「うわっ!」とはなりますが、ここまで繰り返されるとうんざりしてきます。。。


ここからネタバレを含むよ!!

そう来るのはわかっていたぞっ!

リアル系サスペンスだと思ってたら、予想外にモンスター系スリラーだったー!・・・という映画はちょいちょいあります。前回書いた「映画/アイム・ノット・シリアルキラー」もそっち系でした。

しかしこの「映画/ウェア」はパッケージからもうネタバレですから(笑)

警察官による利権絡みの汚職がどうの…という展開になってきても「いやいや、そんなリアルな話ではない事はお見通しだっ!!」と、モンスター系に曲がっていく事は想定内。しかし予想以上の曲がり方でしたけど…。

タラン逃走から・・

心の準備通り、やはり人間ではなかったタランですが、彼の逃走からギャビンの覚醒までは若干中だるみゾーン。

めちゃくちゃダルい…といういわけではないのですが、なんというか・・・特に盛り上がりに欠けるというか・・・。相変わらずチョイチョイ入れてくる「急に大きな音でバーン!!」の演出もウザく、少し気分が冷めてきます。

ところが・・・ギャビンが覚醒してくるあたりからのグイグイ感ときたら…。

とにかくギャビン役、サイモン・クウォーターマンの演技がスゴい。

最初に出てきた時は「眼鏡のモヤシっ子」みたいな雰囲気だったのに、別人のような変わりっぷりでグィネック夫人も容赦なくフルボッコですよ(笑)コレ、大丈夫ですか?『女性をブン殴る描写』などがあると、面倒臭い団体から面倒臭い抗議が殺到すると聞いたことがあるのですが…。

まぁそういう人達が主張するのは「男女平等」という名の「女性優遇」ですし、放っといても良いかと。…とか書いたらこれもまた面倒臭い事言われるんでしょうなぁ。

オチはまぁまぁ・・

物語終盤に展開される「タランvsギャビン」のくだりは、ちょっと好き嫌いが分かれそうな感じがします。

なんだよー、ただのモンスターアクション映画になっちゃったよー・・・・。とガッカリした方も多いかもしれません。

私は前述のとおり、ギャビンの変貌っぷりに夢中でしたので…このへんはすんなり見ることができました。

「なぜピストール(警官)はケイトを撃ったの?」という部分で「誤射」だと勘違いしている方がいるようですが、アレは「利権絡みでタランの父を殺した」という事実を覆い隠すため、どさくさに紛れて消そうとしたのでしょう。ケイトは核心に迫りつつありましたから。

まぁ結果的にケイトは死なずに済んだようですし、ギャビンも無事です。彼が完全に治療されたのか、それともまだ感染したままなのか・・・明確に描かれてはいませんが、私は後者ではないかと思っています。

この最後のインタビュー時の彼も、最初の眼鏡モヤシとはまるで別人の雰囲気でしたね。

一度覚醒したことでこの雰囲気になったのでしょうが、髪がしっかりと生えているのでどうやら撮影は「覚醒シーン前」だと思われます。

スゴい俳優だなぁ、サイモン・クウォーターマン。

しかし彼、他に出演作品があまりないんですよね・・・。ドラマシリーズ「ウエスト・ワールド」に出ていましたが、あれは役どころが少々もったいなかったです。

わりと好きでした。

サイモン・クウォーターマン抜きで考えれば、映画としては・・・まぁ及第点くらいでしょうか。A・J・クックも魅力的ですし。

物語終盤、タランに押し倒された彼女はとても色っぽかったです(笑)

狼男を単なる「謎のモンスター」とはせずに、中途半端ではあるものの遺伝子的な方向から捕えようとした点も面白い。

そしてカメラワークがとても良い。中だるみの部分も、うんざりするバーン!!演出も、この秀逸なカメラワークのおかげでどうにか飽きずに見ることができました。

けっこうマイナー作品ですので見つけるのは難しいかもしれませんが・・・まだ観ていない人がいれば、ぜひ御覧になっていただきたい1本です。